スポンサーサイト

  • 2010.09.28 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


【WEC】ダマッシオ・ペイジvs前田吉郎

MMAWeeklyより
前田vsダマッシオ・ペイジですか。
かなーり荒削りだけど、身体能力には驚かされたなあ。
あれからどこまで伸びているかはわかりませんが、前田としては志田という比較材料がある限り絶対負けられない試合だよね。
でもタイプとしては前田は苦手とするタイプの相手かなあ。

- DAMACIO PAGE FACES YOSHIRO MAEDA AT WEC 34
Monday, April 14, 2008 - by Ricardo Mendoza - MMAWeekly.com

He made his World Extreme Cagefighting debut on only three days notice, winning a hard fought decision over former NCAA wrestler Scott Jorgensen at WEC 32. Now, Damacio Page will meet featherweight King of Pancrase Yoshiro Maeda on June 1 at WEC 34. The promotion announced the bout on Monday.
Maeda also made his promotional debut at WEC 32, stopping Charlie Valencia with strikes in the first round of their bantamweight bout.
Page is excited and has already started training, being two weeks into his training camp for the bout. “I feel good about the fight. I’ve been working on my stand-up and explosiveness in preparation for the (Maeda). He is really good on the feet and it will be a good test for me.
“One of the reasons I wanted to fight Maeda was because I fought Miki Shida in Pancrase, I beat him and Maeda has beaten him twice,” said Page, who has had his sights set on the Pancrase champion for some time.
“Maeda is one of the best 145-pounders in Japan and I’ve wanted to measure myself against him to see how good I am.”


WEC32でのデビュー戦は3日前に通知されたものでした。しかし彼は元NCAAレスラーのScott Jorgensenを激しい戦いの末判定で敗りました。今回ダマッシオ・ペイジはフェザー級キングオブパンクラシスト 前田吉郎と7/1に行われるWEC34で戦えます。この試合は月曜日にアナウンスされました。
前田もWEC32でこの団体へのデビューをはたしており、バンタム級戦にて第一ラウンドでチャーリー・バレンシアを敗っています。
ペイジはとても燃えており、すでにトレーニングを開始しています。トレーニングキャンプに入ってから二週間が過ぎ去っています。「この試合には満足だね。前田に向けてスタンドアップのトレーニングと、爆発力を鍛えているよ。彼のスタンドは素晴らしい、これは私にとっていい試練になるだろう」
「私が前田と戦いたいのは、私がかつてパンクラスで志田幹と戦ったからだ、私は彼を叩きのめしており(訳注:負けてるけどね)、前田は彼を二度叩きのめしたことがある」ペイジはそう言います。彼は一時期パンクラスのチャンピオンを目指していたことがありました。
「前田は日本で145パウンダーとしてベストの一人だよ、彼と戦い、自分がどのレベルにいるのか試してみたい」

Page is taking the fight seriously and is hopeful of a title shot by year’s end. “Hopefully if everything goes well, I can get a title shot in December at the last show of the year.”
If he does earn a title shot in December, he will likely face the winner of the June 1 bout between current champion Miguel Torres and challenger Manny Tapia. Page realizes that neither is an easy task, “They are both really good fighters on the ground. Tapia has good takedown defense and Torres has slick submissions with good takedowns.”
First, he must get past Maeda, who hasn’t lost in his last five bouts, but Page feels he is prepared, having learned from his WEC debut. “I learned a lot from my last fight. I need to be in shape all the time because you never know when you’re going to get an opportunity to fight.”
Unlike the bout against Jorgensen, however, Page has ample time to prepare for Maeda and promises to be ready come June 1 when the WEC makes its own debut in Sacramento, Calif.


ペイジはこの試合に真面目に取り組んでおり、年末までにはタイトル戦を望んでいます。「もしうまくいけば、12月の最後の大会でタイトル戦をやりたいね。」
もし彼が12月にタイトル戦を獲得したら、たぶん7/1に行われる現チャンピオンのミゲール・トレスと挑戦者マニー・タピアの勝利と戦うことになるでしょう。彼は素晴らしいテイクダウンと流れる様なサブミッションを持ちます。
まず彼は前田を倒さなければなりません、彼はここ5戦負け無しです。しかしペイジはWECデビュー戦から学び、準備はできていると感じています。「この前の試合で多くのことを学んだよ。いつ戦えるチャンスがくるのかわからないからね、いつでも身体は作っておかなければならない」
Jorgensen戦とは全く異なる戦いになるでしょうが、ペイジには前田に対する充分な準備期間があります。彼は7/1準備万端で試合に臨むことを約束してくれます。

【格闘技】ポール・デイリー引退

MMAWeeklyより
ガーン、ショック。
パウンドが激しいいいファイターだったんだけどなあ。
北岡戦の時にはまだ少ししか映像見たことなくて、あんまり印象強くなかったんだけど、その後映像集めていい選手だって事がわかったり。
その後の活躍を楽しみに見てたんだけど。
数少ない生観戦した外国人ファイターだけに、自分としては応援していたんだが。

- BRITISH FIGHTER PAUL DALEY CALLING IT QUITS
Tuesday, February 26, 2008 - by Lee Whitehead - MMAWeekly.com
--------------------------------------------------------------------------------

In a surprising turn of events, U.K. welterweight star Paul “Semtex” Daley has announced that he is effectively retiring from the sport of mixed martial arts as of March 29, 2008. He leaves a hole in the division and a series of unanswered questions as to the reasons behind the announcement.
Daley rose to prominence in the Cage Rage promotion, carving a name for himself as a formidable striker with a solid ground game. His ascent in the U.K. has brought in a major haul of titles including Cage Rage British Champion, Cage Rage World Champion, FX3 World Champion and King of the Ring Muay Thai Champion; all at welterweight.
The 24-year-old fighter continued his rise by signing a multi-fight deal with ProElite following an extensive period of courting that included K-1 and the Ultimate Fighting Championship vying for his services. He has always stated that his goal is to become “the best MMA fighter in the world at welterweight.” Daley’s retirement from the sport at such a tender age means that we won’t be witnessing the marquee fights he deserves… yet.
It is possible that his abdication of titles nullifies any contract commitments and that he may materialize in the future, but it also may mean that as unfathomable as it sounds for such a consummate competitor, that he has fallen out of love with the sport of MMA.
At the time of publication, Paul Daley was unavailable to comment on the situation.
Daley’s public announcement in full:


突然驚くべきことが起きました。イギリスウェルター級のスター、ポール・デイリーが3/29をもってMMAを事実上引退するとアナウンスしました。彼はこの階級に穴を開け、このアナウンスの背後にある理由への未回答の質問には答えていません。
デイリーはCage Rageで名を挙げ、固いグラウンドゲームで並はずれた打撃を見せるストライカーとして印象づけられていました。彼はイギリスで活躍し、Cage Rage全英チャンピオン、Cage Rage世界チャンピオン、FX3世界チャンピオン、King of the Ringムエタイチャンピオン(全てウェルター級)を含む著名なタイトルを奪取しています。
24歳の彼はProEliteと複数試合の契約をし、躍進を続け、今後はK-1とUFCを含む団体による奪い合いが予想されていました。彼は常日頃から彼の目的は「ウェルター級世界最強のMMAファイター」になることだと言っていました。こんなに若くしてのデイリーがこのスポーツから引退したことで、我々は彼にふさわしい看板になる様な試合を目にする機会を永遠に失ってしまいました。
彼がタイトルを放棄しました。どの契約も破棄されるかもしれません、また、彼が今後戻ってくることになるかもしれませんが、彼がこんな素晴らしいコンペティターであるかどうかはわかりません、彼はMMAというスポーツに冷めてしまったのかもしれません。
公表に伴い、ポール・デイリーはこの件に関してコメントすることはできないと言っています。
デイリーの公式なアナウンスを以下に記します。

“This is for the fighters, fans, promoters and trolls alike.
As of now I will be stepping down as Cage Rage Champion (British and world), FX-3 Champion and KOTR champion. I vacate all these titles. Further more I consider my self retired (from all MMA/Thai boxing) as of March 29th. March 29th I will fulfill my contracted commitment for Pro Elite, against a yet unnamed opponent.
No speculation, No further announcements, once I’ve found the path I originally set out on in the Martial Arts, I may return to this SPORT, maybe 6 months - maybe 6 years, who knows.??Who will be the next welterweight CRC champ? FX-3 champ?...
Thanks
Paul Daley”


「これはファイター、ファン、プロモータ、そしてトロールの様な人に向けたものです」
現時点で私はCage Rageチャンピオン(全英と世界)、FX-3チャンピオン、そしてKOTRのチャンピオンから退くつもりです。私はこれらすべてのタイトルを返上します。3/29で私は(全てのMMA、タイボクシングから)引退しようと考えています。3/29、私はProEliteとの契約を完遂します。相手はまだ決まっていません。
憶測しないでください、また、今後のアナウンスをするつもりはありません。かつて私はこの道を見つけました。私は元々マーシャルアーツを起源にしています。私は多分このスポーツに戻ってくるでしょう、6ヶ月後が、6年後か、それは誰にもわかりません。CRCやFX-3の次期チャンピオンは誰になるのでしょうか?
どうもありがとう
ポール・デイリー

【格闘技】ドラッグテストが厳しくなるよ!

MMAWeeklyより
ああ、ついに導入か、っていう感じですね。
どう公平性を保つかが難しいけど。
特に2の項目。これはタレこみ上等って事でしょうか。
NSACのライセンスを取っちゃうと、例え日本でムキムキになって試合をして怪しまれたら即NSACの手先が来ちゃうってことでしょうか。
いやー、凄い仕組みになってきました。

- MORE DETAILS ON NEVADA'S EXPANDED DRUG TESTS
Tuesday, January 29, 2008 - by Ken Pishna & Ivan Trembow - MMAWeekly.com

Nevada Athletic Commission Executive Director Keith Kizer last Friday announced that the Commission has expanded steroid and drug testing for licensed fighters and those applying for licenses.
In addition to the testing performed on contestants on fight night, the Commission will require licensed fighters and licensing applicants to be tested at other times during the year.
Selection of licensees for testing will be made in one of three ways:
1. Fighters may be randomly chosen for testing.
2. If there is some indication that a fighter is taking a non-approved substance, they may be tested.
3. If a fighter has previously tested positive for using a non-approved substance, they may be tested.


NSACエクゼクティブディレクターのキース・カイザーは先週の金曜日にコミッションは認可されたファイターやライセンスを求める選手達を認可するためにステロイド・ドラッグテストを行うようにすることをアナウンスしました。
試合に出場する選手達に加え、コミッションは認可されたファイターや、志願者を認可するのにコミッションは一年を通して普段のどこかの日程でテストを命じます。
テストを受ける選手は以下の3つの方法の内の一つで決まります。
1.ファイターはランダムにテストに選ばれます。
2.なんらかの未承認の薬物を摂取しているという兆候が見られた場合、その選手はテストされるかもしれません。
3.以前に未承認の薬物を利用してポジティブのテスト結果が出たファイターは、テストされるかもしれません。

MMAWeekly.com recently questioned Kizer on some of the particulars of the new testing.
Nevada joins several organizations, such as the National Football League, the World Anti-Doping Agency, and others, in performing short-notice drug testing on a year round basis to licensees. Just what the time frame for that testing from when notice is given to when the testing actually must occur was not detailed.
Kizer, though, did state that, “The time frame will be a reasonable one and will be set forth in the notification letter (to the licensee).”
He also indicated that fighters outside the state of Nevada and, in fact, outside of the United States, would be subject to the random testing. “We will be working with labs throughout the country, and beyond, so fighters will not need to travel to Nevada,” he said when addressing licensees residing outside of the state.


MMAWeekly.comは先日カイザーに新しいテストの詳細を聞いてきました。
ネバダにはナショナルフットボールリーグや世界アンチドーピングエージェンシー等いくつかの団体が所属しています。突然のドラッグテストは認可者にとっては一年を通してあるのが基本です。通知を受けてから実際にテストを受けるまで、どれくらいの期間になるのかは詳細には話してくれませんでした。
ですが、カイザーはこう言っています。「その期間は妥当なものにするつもりだ、認可者に送る通知書にそれは記述されるだろう」
彼はネバダ州外の、どころかアメリカ外の選手もこのランダムテストの対象になるだろうとも示唆しています。「我々は国中の、そしてその向こうのラボと連携する。だからファイターはネバダまでくる必要はない」彼は州の外に居住する認可者に対しても取り組んでいくと語りました。

Although drug screening in Nevada currently includes a lengthy list of performance enhancing substances, as well as drugs of abuse (such as marijuana and cocaine), Kizer said that the new out-of-competition testing “will focus on the steroid test screen, but could be expanded to other relevant prohibited substances.”
He indicated that the penalties for a positive test result would likely be similar to the penalties that licensees currently face when taking a drug test on fight night, but that the “final decisions will be up to the Commissioners,” which is also the current practice for a failed drug test.
The costs for performing the new testing will be incurred by the Nevada Athletic Commission.


ネバダの禁止薬物の長ったらしいリストにはパファーマンスエンハンスドラッグだけでなく(マリファナやコカインの様な)不正薬物も入っていますが、カイザーはこの新しい大会以外でのテストは「ステロイドテストを重点的に行うだろう、しかし適切に他の禁止薬物にも拡張していくかもしれない」と語ります。
テストがポジティブという結果になったペナルティについて、彼は大会でのドラッグテストで負っているペナルティと同じようなものになるだろうと語ります。しかし「最終的な判断はコミッショナーに委ねる」これも現在のドラッグテストと変わりません。
この新しいテストを実行するコストはNSACにより賄われます。

【修斗】2008/1/26修斗後楽園ホール大会観戦記

行ってきたきた後楽園。今年総合の興行では一発目、です。
いやーーーーー、休日にも関わらず客入りが悪い!
5割くらいしか入ってないね。
まあ確かに客を引っ張るカードではないのかもしれないが、今の修斗として見れば等身大で充分いいカードだと思うんだが。
特にセミの山本vs上田はか〜な〜り〜いいカードだと思うんだが。。
このカードでこの客入りっつーことは、等身大の修斗ではもう客を呼べないということか…
冬だなあ。サブイ。

■第1試合 バンタム級 2008年度新人王決定トーナメント一回戦 5分2R
アッキ公太(TEAM LOCKS)vs 飛猿☆No.2(PUREBRED川口REDIPS)

アッキのセコンドにはリオン。戦い方はいかにも横浜スタイル。
ともかくリーチを生かして殴る殴る。
飛猿はなんとかテイクダウンも狙うも、切られまくって倒せない。
2Rに入るとアッキのストレートがクリーンヒットして飛猿がダウン。
飛猿立ち上がるもアッキがラッシュをかけてスタンディングダウンをとられ、そのままストップ。

2R アッキ公太のKO勝ち

アッキ、リーチがあってスタンド打撃上手い。タックル切るのも上手いし安定した強さ。
破壊力がある打撃ではないが、切れがある打撃。
飛猿もよく動いていたが、完全に封じ込められた感じ。

■第2試合 フライ級 2008年度新人王決定トーナメント二回戦 5分2R
猿丸ジュンジ(シューティングジム横浜)vs 鳥居和行(パラエストラ福島)

鳥居が試合開始早々パンチラッシュをかけるが、猿丸も打撃で反撃。
猿丸のハイキックがヒットすると、鳥居一瞬時が止まる。
猿丸は一気にパンチ連打のラッシュをかけ、鳥居ダウン。
鳥居立ち上がるとタックルに。猿丸は落ち着いてスプロール。
スタンドに戻ると重くて強い打撃を見せる。
最後は鳥居がバランスを崩して倒れたところに猿丸がパウンドのラッシュ。
鳥居が亀になって動かなくなったところでレフェリーがストップをかける。

1R 猿丸ジュンジのTKO勝ち

猿丸圧倒的、ちょっとレベルが違ってた。
これは新人王候補だわ。

■第3試合 バンタム級5分2R
森 卓也(パラエストラ札幌)vs 塩田“GOZO”歩(パラエストラ八王子)

塩田はしつこく組み付いてテイクダウンを狙う。
森はパンチを入れつつ抵抗するも引き込まれる。
ラバーガードからコツコツパンチを入れる塩田。
序盤はなかなか反撃に移れなかった森だが、後半になるにつれ、グラウンドで距離を作れるようになり、パウンドを入れていく。
足を利かせて森を逃さない塩田だが、下にいる分パンチは受けている。

判定 3-0で森の勝利

塩田、試合のペースは握るも森のパンチを受けすぎた。
下からの攻めがあまりポイントにならず、極めきれなかった塩田が負け。
やっぱ下から攻めるんだったら、極めきらないと勝てないね。残念。

■第4試合 ライト級5分2R
碓氷早矢手(和術慧舟會RJW)vs 石澤大介(パラエストラ札幌)

碓氷早矢手(36歳)は飛び膝から入るが冷静にさばかれる。
レベルの高い打撃戦が続くが、碓氷早矢手(36歳)が組み付きテイクダウンを奪う。
細かいパンチを入れていく碓氷早矢手(36歳)。石澤は上手く立ち上がる。
1R最後、石澤のローに碓氷早矢手(36歳)はカウンターのパンチ。石澤ふっとぶがダウンは取られない。
碓氷早矢手(36歳)がペースを握るものの、石澤もゆるがず。
2R 碓氷早矢手(36歳)が石澤のミドルを掴んで強烈なストレート。
一瞬私の目が離れたところで(多分)ストレートで石澤ダウンを奪われる。
パンチを見せながら組み付きバックを取る碓氷早矢手(36歳)。
グラウンドになると石澤動きながら逃げるもパウンドを入れていく碓氷早矢手(36歳)。

判定3-0で碓氷早矢手(36歳)の勝利

スタンド、テイクダウンと優位に進めた碓氷早矢手(36歳)の勝利。まあ完勝でしょう。
これでクラスAか?いやあ、30代後半の星だ!応援してるぜ!!まじで。

■休憩
・佐伯の巨体がえらい目立つ。
・田村vsワッキーが発表。うーん、いいカード。
・外薗と菊地の引退式。二人とも晴れ晴れとしたいい顔してた。

■第5試合 バンタム級5分3R
生駒純司(直心会格闘技道場)vs 秋本じん(秋本道場ジャングルジャンクション)

秋元(36歳)がコーナに生駒(37歳)をおしこんでいく展開が続く。
タックルにいく秋元(36歳)。もつれて足関に行く秋元だがこれは入らず。
秋元(36歳)上になるが、下から三角を狙ってくる生駒(37歳)。
極めきれないがパンチをコツコツ入れていく生駒(37歳)。
秋元(36歳)三角を抜いてアキレス腱固めにいくが、ちょうどここでゴング。
2、3Rも上を取る秋元(36歳)だが、上になっても攻められない。逆に下からパンチを入れて試合をコントロールする生駒(37歳)。
三角、洗濯ばさみと秋元(36歳)を攻め込む。

判定1-0(生駒(37歳))で引き分け

うーん、、しゃあないのか?完全に生駒(37歳)がペースを握っていた攻め続けていたのだが。
下にいると全くポイントにならないらしい。洗濯ばさみはかなり深く入ってたんだけどなあ。
第3試合はまあ森のパウンドが結構入っていたから、あの判定は妥当だと思うが、この判定はどうかなあ?
ま、どっちにしろオヤジの勝利っつーことだ!!

■第6試合 フェザー級5分3R
BJ(勝村道場)vs 田澤 聡(GUTSMAN・修斗道場)

試合開始早々いきなり激しい打ち合いに。
蹴り足つかまえパンチを入れるBJ、の首を捕まえ引き込む田澤。
下になった田澤はうまく立ち上がると刺し合いに。体格差を感じさせる綺麗な投げでテイクダウンを奪う田澤、コツコツパンチを入れる。
2Rになると踏み込んでパンチを入れていくBJ。
突然田澤の体がガクンと落ちたと思うとローブロー。BJに減点1。
再開後、BJのハイキックが綺麗に決まる、が、倒れない田澤。組み付いて倒すBJ。
BJ上になるが、ポンと跳ね返されてリバーサルされて下になる。
田澤はサイドポジションを奪い、アームバーに。これがかなり深く入り、キャッチ!しかし耐え切るBJ。
3Rも踏み込んでパンチを入れていくBJ。激しい打ち合いが続く。
再び綺麗に投げてテイクダウンを奪う田澤。洗濯ばさみを見せるBJだが抜ける。
田澤は再びサイドポジションを取ると今度は十字に。
腕はロックされているものの伸びきり、キャッチをとられるがBJはいつまでもタップをしない。レフェリーたまらずストップをかける。

3R 腕十字で田澤の勝利。

田澤強かった。
BJもスタンドで圧す場面もあったし、体格差を感じさせる場面もたくさん見られたが良く戦ってた。
でも、、やっぱりバンタムでやっていくのがいいと思う。やっぱり体格差はいかんともし難い…

■セミファイナル(第7試合) フェザー級5分3R
山本 篤(KRAZY BEE)vs 上田将勝(パラエストラ東京)

タックルのフェイントを交えながらのにらみ合いが続く。
打撃はやや上田の方が重く威力があるか。
山本のパンチに合わせて上田のカウンタータックル。
耐える山本はバックを捕りに行くが、倒れて上田が上へ。が、ここでゴング。
2R タックルに来た山本の腕を取り、ひっくり返してバックをとるような形に。
腕を外し上になる山本。足を利かせられて攻めれない山本。
イノキアリからパンチで飛び込む山本、上田は三角を狙うがダメ。
グラウンド状態、山本の動いた隙を捕まえ、上田必殺のスピニングチョーク。
かなりやばそうだったが、山本なんとか外して立ち上がる。
二人の動きは止まらない。凄いいい試合。
3R ボディへのストレートを入れる山本。踏み込んでパンチを入れていく。
上田は低空タックルに行くが足を抜いて逃げる山本。
緊迫感のある攻防。
タックルに行く山本だが、それを潰すと逆に零距離タックルで返しテイクダウンを奪う山本。
しかし足を利かせられ、またも攻められない。
上田が三角に来ると、それを凌ぎサイドポジションを奪う山本。そこからマウントを狙うがこれはダメ。
またも三角を狙う上田。山本凌ぐと上田の首を捕まえ、お返しのスピニングチョーク。しかしこれは全く入る風はなく。
ゴング。

判定3-0で上田の勝利

うーん、微妙な判定だが妥当か。3者共29-28とのことなので、1R、上田が取ったか否かの判断になると思うが、個人的には取っていないという判定。
まあマストなら上田だとも思うが。
やっぱり山本にとって修斗はアウェー、っていうのはどうしてもあると思う。

■メインイベント(第8試合) ライト級5分3R
戸井田カツヤ(和術慧舟會東京本部)vs 日沖 発(ALIVE)

「一本で極められたら(日沖を)認めます」煽りでの戸井田の台詞が響く。
日沖はいつもの如くローとジャブで距離をとろうとするが、戸井田が踏み込んでパンチを振り回すと、これが良く当たる。
乱戦になって殴りあいになると戸井田がダウン。
立ち上がった戸井田にアウトボクシングを仕掛ける日沖。
パンチから組み付く戸井田、引き込んでグラウンドに引きずり込むが、上からゴツゴツパンチを入れていく日沖。
2Rも日沖はロー、ジャブ、ボディパンチとリーチを活かした攻撃。しかし戸井田は再び踏み込んでパンチをぶん回す。これが当たる。
戸井田がコーナへ追い込みパンチを連打すると日沖はタックルに。テイクダウンを奪う。
綺麗にバックを奪うと綺麗に十字を。戸井田は抵抗する風もなくすぐにタップ。

2R 腕十字で日沖の勝利

戸井田、有無を言えない一本負け。日沖強かった。
が、戸井田の踏み込んでのパンチの振り回しをガンガン受けてたのは気になった。キム・ジョンマンに負けたのは仕方ないな、というか。
日沖は距離を保つのが下手なのか、つまりアウトボクシングは実は下手なんじゃないか、と思った。
長いリーチとジャブ、ローで弾幕張るんで、それにひるんじゃうと日沖のペースになっちゃうんだろうけど、そこに踏み込んでこられると、どうしょうもなくなるというか。
あまりアウトボクシングに拘らなくなった時が日沖がチャンピオンになるときかもね。

それにしても戸井田…あそこまで綺麗に一本取られてしまったら…まさか引退ってことはないよね?

■総評
いやあ、面白かったです。どの試合も非常に面白かった。
テンポも良くてとてもいい興行だった。
けど…観客の数が少なくて、全く盛り上がらず。日沖応援団が少し盛り上がっていたくらい。うーん、勿体無い。
選手は頑張ってるんだけどなあ…引退式が二つあったり、調印式があったり試合以外のことが多すぎたのも熱を冷ます原因だったのかもなあ。
ベストバウトは山本vs上田。今度は岡嵜との試合、かなり厳しいと思うが、上田頑張れ!
興行としては…90点。盛り上がりには欠けたけど、眠気が全くおとずれない素晴らしい興行でした。修斗最高!

【Cage Rage】今成vsジーン・シウバ

Sherdogより
あれ?こんな試合決まってたの?

Imanari to Defend Against Silva

The Octagon isn't the only cage welcoming in Japanese talent. Masakazu Imanari (Pictures) will head back to England to defend his Cage Rage title against Jean Silva (Pictures) on March 8 at Wembley Arena in London.
Imanari, who also wears DEEP's featherweight title, won Cage Rage's 145-pound crown last February, when he flying armbarred then-champ Robbie Olivier (Pictures) only 27 seconds into the bout. This will be his first defense.
Since his title capture, MMA's crown prince of leglocks has won both of his outings. In August, he survived an early scare from heavy-handed South Korean Jong Man Kim (Pictures) to lock up a first-round armbar. In September, after a lengthy and bizarre encounter with Hiroyuki Abe, Imanari tallied another leglock with 28 ticks to go in the bout.
Silva and Imanari were originally scheduled to meet on Cage Rage's Sept. 22 bill at Wembley Arena. Imanari was forced to pull out of the bout, though, for undisclosed reasons. Instead, Silva fought veteran Chris Brennan, whom he handled and finished in the second round.
The bout will be Silva's first at 145 pounds in four years.


オクタゴンは日本のタレントを迎えるだけのケージではありません。今成正和はCage Rageのタイトルを防衛するために英国に戻るでしょう、3/8ロンドンでジーン・シウバと彼は戦います。
今成はDEEPフェザー級のタイトルを持ち、Cage Rageの145パウンドの王座も昨年二月に奪いました。彼は当時チャンピオンだったロビー・オリバーをフライングアームバーで敗り、27秒で試合を終わらせています。これは初の防衛戦です。
タイトルをとってから、MMA界のレッグロックプリンスは外で二勝しています。8月には彼はヘビーパンチで名を馳せるキム・ジョンマンを第一ラウンド腕十字で敗り、9月には長く奇妙な戦いにおいて、今成は実に28回レッグロックを試合で仕掛けました。
シウバと今成は元々9/22のCage Rageで戦うという案がありましたが、理由は不明ですが今成はこの試合を辞退せざるをえなくなりました。その代りシウバはベテランのクリス・ブレナンと戦い、試合を支配して第二ラウンドに決めました。
この戦いはシウバがこの4年で始めて145パウンドで戦う試合となります。

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
selected entries
recent comment
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links