<< 【格闘技】【ジョシカク】MFCでタラ・ラロサvsロクサン・モダフェリ | main | 【格闘技】ROTR 175lbsトーナメント第二ラウンドカード >>

スポンサーサイト

  • 2010.09.28 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


【格闘技】ロクサン・モダフェリ日本移住記 Part2

boutrebiew.comより
ロクサンさん日本移住記第二弾。
ちょっと日が開いちゃって、向こうではもう第三弾まで出ちゃってるんだけど。。
第一弾はココ
ロクサンによるスマックリポートはココ


"The Great Wait" is how I lovingly refer to the period of time which I waited with baited breath for my Certificate of Eligibility to arrive. I was under the impression that once I got it, I would be all set to work. Unfortunately there was another step. I had to wait two more weeks after handing it into Immigration to get my actual visa. Every day I woke up wondering if Berlitz HR would call me.
I also struggled to decide on which dojo to train at. Lack of funds made it impossible for me to officially sign up for anything, for most dojo require a one time joining fee of no less than $100, and a two month advance which averages around $200 all up front. The unfortunate problem with my English cafe and tutoring jobs was that they kept me from the dojo. I longed to at least join a gym and begin weight training, but I had no means to do it with.


"The Great Wait(素晴らしい休息)"、私は認定状がくるまでの悩ましい一時を、愛情をこめてこう呼ぶ事にしました。一度それが届いてしまったら、私は仕事を中心に回る事になる、そう考えていましたから。不幸な事に、もう一つステップがあり、入国審査で私の当面のビザをとれてから二週間も私は待たなければなりませんでした。ベルリッツからの電話を待ちながら起床する毎日が続いたのです。
私はどの道場でトレーニングをするかについても悩んでいました。所持金は不足しており、どことも正式に契約するのは無理でした。多くの道場は一回トレーニングするのに100ドルをきる事はなく、平均すると二ヶ月分のトレーニング代200ドルを前払いするというものでした。残念なことに、私のイングリッシュカフェと英語講師のバイトで、道場に通う事も難しくなっていました。何よりまずジムに入りウェイトトレーニングがしたい!だけど私にはそうできる術がまったくありませんでした。

That is, until I because employed by Full Contact Fighter and Boutreview. The latter made it possible for me to head straight to Gold's Gym in Atsugi, a ten minute walk from my apartment, and sign up for morning hours. I began lifting every day, and therefore could deal with doing jiu-jitsu only once or twice a week.
I half decided to join a the K'z Factory dojo network, based in Sagami Ono with a branch in Atsugi. I trained there now and then under the kindness of the owner, planning on paying the entry fees at the beginning of the next month. Then a new friend took me to Wajitsu Keishukai Main Branch in Tokyo, and I fell head over heels in love. WK could give me everything I wanted in submission grappling training, and MMA. Although there weren't official striking classes like kickboxing, so many pro fighters frequented the gym that I would get a good workout if I could pull someone aside to practice with me during sparring time. WK Main Branch, run by Ryusuke Moriyama, focused on its on submission grappling, and pro-fighters regularly came by the bucketfuls to train there.


私はFull Contact FighterとBoutrebiewで雇われているおかげで、彼らのレターにより私は厚木のゴールドジムへとまっすぐ向かう事ができました。私のアパートから10分のところで、私は朝のコースの契約をしました。毎日のリフティングを始めましたが、柔術の練習は1週間に一度か二度だけしかできない契約でした。
その当時私はK'zファクトリーの道場ネットワークに加わる決意を半分していました。そこは厚木の支部で相模大野をベースにしています。時々そこでオーナーの好意で練習させてもらっていて、来月の初めに入会金を払う予定でした。そんな時私は和術慧舟会東京支部に新しい友人ができ、そこを一気に恋焦がれるようになってしまったのです。WKは私がしたいと思っているサブミッション、グラップリング、そしてMMAのトレーニングを全てさせてくれました。そこには公式にはキックボクシングの様な打撃のクラスはなかったのですが、多くのプロファイターがそこに顔を出し、もしスパーリングタイムに誰か近くにいる選手にお願いすれば素晴らしいトレーニングを受ける事ができました。守山竜介さんが経営する和術慧舟会本部はサブミッション・グラップリングに焦点を絞っており、プロファイターがそこではメ一杯トレーニングしに来てくれるのです。

One of my two main concerns in the dojo selection process was that men would have issues hitting a female. I've had to deal with that in the past and nothing annoys me more, save someone screeching the "Roxanne" song by The Police. I also worried I would be one of the only pro MMA fighters at my new club. However, first class allayed all my fears. Also, many other women trained there, and by many, I mean six or seven besides myself, the majority having pro-fighter records. More than half of them compete in either MMA, Shooto, or grappling.
When I lived in the States, having one other girl in the class was a lot. I always inwardly groaned when paired with women during a normal class. After being arm-barred, getting my back taken, and receiving a few elbows to the eye and fists to the throat by the tough WK women, I changed my attitude faster than black belt Judo throws a white belt. I can't wait to train with Naoko Oomura again, who normally trains at Tiger's Place in Shitte, near Yokohama. Her technique is faster and sharper than mine, and she pounces on her opponants on the mat like a cat on a mouse. I'm almost sorry she's so much smaller than me, so I have no chance of facing her in competition.
The WK fighter most well known to Western audiences, Caol Uno, trains at the Main Branch on Thursdays. He teaches the striking class Monday at a different location which is part of the WK network. The first day I went to the special "pro-fighter" class, no less than twelve people showed up who had fight records higher than I could count on my fingers. After sparring with them, I was embarrassed to call myself a pro-fighter. They could easily school the guys back home.


私が道場に決める際に最も求める二つの事の内の一つに、男子選手が女性を殴るつもりがあるのか?という問題があります。私は過去にもそれに悩まされました、これ以上に私をイライラさせる事はありません、警察によるロクサン!という金切り声を誰かやめさせて欲しい。新しいクラブで、少ないプロファイターの一人となる事も心配でした。しかし最初のクラスは私のその心配を全て払拭してくれました。他にも多くの女性がそこで練習しており(多く、というのはまあ6人か7人くらいを意味しています)、主としてプロファイターの戦績を持つ選手でした。彼女達の半分以上はMMAや修斗、グラップリングのいずれかで既に試合で戦っていたのです。
アメリカに住んでいた時、クラスには多くても一人の女子がいるだけでした。私は通常クラスで女子とペアを組む時、いつも無言でため息をしていたものでした。WKの女子選手にアームバーを取られた後、バックを獲られた後、何発も眼にエルボーを入れられた後、そして首に腕を回された後、私は黒帯の柔道家が白帯を捨てるのよりも早く態度を変えました。大室奈緒子とのトレーニングが待ちきれませんでした、彼は通常横浜の近く尻手のタイガープレイスでトレーニングしています。彼女のテクニックは私以上に早く、鋭いものでした。そして彼女が倒れた相手に飛び掛るのはまるで猫がネズミにとびかかるようでえした。私はいつも彼女が私よりとても小さい事を残念に思っています。だって、彼女と試合で戦うチャンスが無いのですから。
WKの選手の中で西部の観客で知られているのは宇野薫でしょう。彼は木曜日に本部でトレーニングをしています。彼はWKネットワークの別の支部で月曜日に打撃も教えています。私が特別な「プロファイター」クラスに初めて行った日、私の指で数えるには足りない程のプロ戦績を持つ選手がいました、12人は下らなかったでしょう。彼らとのスパーリングの後、私は自分をプロファイターと呼ぶのが恥ずかしくなるほどでした。彼らは自分達の道場に戻れば多分弟子達を教えているのでしょう。

One day, during the "The Great Wait," I'd gone to watch a friend compete in an amateur Pancrase competition. There, I met Ryan Bow, the first foreigner to complete the Japanese Amateur Shooto requirements and turn pro in Japan. His MMA skills are incredible, so I followed him to his dojo after the competition where we sparred an hour before his normal class started. I was so impressed with him I would have joined his gym on the spot had it not been for the distance, which was quite long. Someday I hope to train with him when I move closer to Tokyo.
August 18th rolled around and still no post card. However, the "reporter" part of my career was only just beginning. I made my way to Yoyogi Park to watch an ex-opponent Laura D'Auguste compete in Smack Girl. I had a lot of fun, and wrote up an article for Full Contact Fighter. I also translated the interviews afterwards. The day after the next, I took Laura and Amos, a friendly camera-man, sightseeing. We visited Asakusa, a famous garden of shrines with dozens of tiny little souvenir stores and traditional festival food. We also stopped by Ueno Park, where its own shrines to the Buddha and dog-god Inari hid in the overgrowth of trees, bushes, and bamboo grooves.
We had a blast, and I managed to introduce her to a variety of good Japanese food, such as the substance known as "melon pan," which surpasses all other foods. It's bread with a sugary exterior flavored like honeydew melon, but recently they've made maple flavoring, cantaloupe, and chocolate.


"The Great Wait"中のある日、私はアマチュアパンクラスの大会を友人と見に行きました。そこで私はライアン・ボウと会ったのです。彼は日本アマチュア修斗で実績を積み、日本で始めてプロへと転向した外国人選手でした。
彼のMMAスキルはとてつもないものでした。そこで私は大会の後彼について彼の道場に行き、彼のノーマルクラスが始まる前1時間ほどスパーをしてもらいました。私は彼にとても感銘を受け、もし近くにありさえすれば、すぐにでも彼のジムに参加したい思いでした(が、実際は非常に距離があったのです)。私は東京の近くに引っ越して、彼とトレーニングしたいと思っています。
8/18、その日は突然やってきました。私の「リポーター」としてのキャリアはまだ始まったばかりなのです。私はスマックガールでかつての相手であるローラ・ディオーガストのをサポートをするため代々木公園へと向いました。その日を私はとても楽しみ、Full Contact Fighter向けの記事も書きました。試合後のインタビューの翻訳もしました。その後、私はローラと友人のカメラマンAmosを連れて観光へ向いました。有名なお寺とたくさんの小さなお土産屋と伝統的な食事がある浅草へと向いました。私達は上野公園にも立ち寄りました。そこはそれ自身が大きな森に覆われた神社とお稲荷様になってます。
私達は大騒ぎをし、彼女にメロンパン等のたくさんの日本食を紹介しました。メロンパンは何よりもおいしい、それは外側に砂糖がまぶしてあるパンで、メロンの蜜の様なにおいがつけられています。最近はメープルシロップ風味やマスクメロン、チョコレートなども作られています。

"The Great Wait" came to an end the Friday before PRIDE Grand Prix 2005, one of, if not the biggest mixed martial art promotions.
I immediately bolted to the Immigration Office in Yokohama, taking the time to sample Chinese "nikuman" meat buns, special red bean cakes, and nut cakes on the way through Yokohama's Chinatown. I left blowing kisses to the clouds, my working visa sticker stuck in my passport. My boss scheduled me to begin the Wednesday of the next week. I happily looked forward to my first PRIDE experience.


"The Great Wait"はPRIDE GP 2005の直前の金曜日に終わりを向えました。PRIDEはいわずと知れたMMAの最大プロモーションの一つです。
私は早速横浜の入国管理事務所に走りました。その途中横浜の中華街でサンプルの中華肉マンと赤い豆のケーキとナッツケーキをほおばりながら。
私はみんなに投げキスをしながら通り過ぎ、遂に私のパスポートにはワーキングビザのステッカーが貼られたのです。上司は来週の水曜日から私にスケジュールをつけてくれました。私は始めてのPRIDEの経験をハッピーな気持ちで待つことになりました。

The show was amazing. "Imagine thousands of screaming fans," a friend had said. He wasn't joking.

そのショーはすごかったです。「数千のファンが絶叫しているみたいだ」ある友人は言いました。彼はジョークを言っているわけではないのです。

With my FCF press pass dangling proudly around my neck, I sat on the steps in the nosebleed section of the audience. My eyes joined with hundred's of others that were glued to the big television screens floating around each corner of the arena. I also sat in the interview space downstairs, to wait for the fighters who came in to be interviewed over the course of the show. The fights were exciting and the atmosphere was almost overwhelming. Although I didn't fight, I felt I was part of something great, and wondered if women would ever get their chance to walk down the long aisle into the ring. It was a night to remember, and I stayed up until 3 AM writing my article after I got back home.
With visions of Fedor and Rua dancing in my brain, I turned my thoughts to my first day of work and meeting my new co-workers....


私はFCFのプレスパスを首にぶら下げ、観客席の最上段に登り座りました。私の目は数百の目と共にアリーナの各コーナーにある大きなテレビスクリーンに釘付けになりました。私は下の階のインタビュースペースにも行き、ショーの途中でインタビューされに来る選手達を待ちもしました。試合はエキサイティングで圧倒的な空気が立ち込めていました。私は戦いませんでしたが、あの素晴らしい空間の一部に入れた事を感じ、女子選手があの長い入場通路を通りリングに上がる様なチャンスがいつかくるのだろうかと思いました。この夜は私にとって忘れられない夜になりました。私は家に帰り、午前3時まで記事を書く為起きていました。
脳の中にヒョードルとファが暴れまわる姿を思い浮かべながら、私は仕事初日と新しい同僚についての思いへと心を切り替えたのです。

スポンサーサイト

  • 2010.09.28 Tuesday
  • -
  • 16:21
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
ロクサンタン(;´Д`)ハァハァ
  • toorisugari
  • 2006/01/25 4:33 AM
Part.3楽しみに待っています。
  • shooto
  • 2006/01/26 3:42 AM
がんばります^^
  • zen
  • 2006/01/26 10:57 AM
ロクシーさん!
タレント兼魚類学者「さかなクン」と結婚して下さい!!!
  • gaalaaxy
  • 2017/07/22 4:51 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
selected entries
recent comment
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links