<< 【格闘技】エルメス・フランカ、ATTを離れる | main | 【PRIDE】中村和裕インタビュー >>

スポンサーサイト

  • 2010.09.28 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


【PRIDE】バス・ルッテン、PRIDEから離れる

InsideFighting.comより
バス・ルッテンからの手紙
PRIDEから離れるそうです。
なんか前から感じてたんだけど、PRIDEのアメリカの人たちって色々と問題あるんじゃねえ?
なんかおちゃらけ番組っぽくしてみたり、裁判でも負けてたし。
なーんかね。

Bas Rutten quits The Pride Fighting Championships
Written by Administrator
Tuesday, 20 December 2005

I quit Pride! I know, quite a shocker he?
Why would people say, it’s a dream job! You are absolutely right, it IS a dream job, and the Company is great, they have unbelievable fighters and unbelievable shows!
Of course this is not without a good reason, and just to make sure that there are NO misunderstandings, I am going to tell you a little bit of what happened. (Pay attention to the “little bit part”) If I don’t do this, people start speculating and rumors will get started and this way you hear it straight from me and not some gossip that people are going to make up.


オレはPRIDEから離れる!そうだろう、彼はびっくりするだろうね。
なんでみんなは言うんだ、これが夢の仕事だなんて。ああ、間違いなく正しいよ、これは夢の仕事だ。あの会社は素晴らしい、彼らは信じられない様な選手を抱え、信じられない様なショーを見せる!
勿論これはいい理由が無いわけじゃない。誤解がなかった事も間違いない。何があったのか少しだけ話すよ("ちょっとだけ"という事には注目しておいてくれ)。もしこれをしなければ、みんな色々考えて噂が流れ始めるだろう。私から直接話を聞いて、噂を流すのはやめてくれ。

First of all, I deal with people here in the States that work for Pride, so it’s NOT the fault of the people that work for Pride in Japan. The people in Japan are great people and the President Mr. Sakikabara is a very nice person and he and his staff has always been very good to me.
I came to the States to try to become an actor so I asked them if I could only do the Pride shows for next year, no more Bushido shows, because I already had said “NO” to three movies, all leads, and the reason for that was that I had to go to Japan all the time.


まず最初に、オレはPRIDEで働く為に契約をした。日本でPRIDEの為に働いている人達を批判するつもりはない。日本の彼らは素晴らしい、プレジデントのMr榊原は素晴らしい人物だ、彼と彼のスタッフはいつも私に良くしてくれた。
私はアクターに挑戦するためにアメリカに来たんだ、だから来年のPRIDEのショーをだけに関わり、武士道のショーは関わらないでいいかを尋ねた。何故ならは私は既に3つの映画にNOと言われていたからね。だからずっと日本に言っているわけにはいかなかったんだ

So I asked to do only the Pride shows and because the company grew so much, PLUS I really think that I did a good job and a lot of good work for Pride, I thought it was time for me, after 6 years of working for them, to ask for a raise. Well, here we go, the “very short version” out of respect that I have for the Company. The negotiations started, going back and forward, saying this, saying that, you know, the usual negotiations drills, and it resulted in me finding out that Frank Trigg is co-hosting the next “Pride FSN show”.
Wow!! Now NOT telling me that this was going to happen after everything that I did for them in the last 6 years?? That was something just unbelievable and that was right away the motivation behind my decision to quit. (Of course this is not the only reason, that’s why I said the “little bit”) If they would have at least called or emailed me to inform me that Frank was going to do it, I would have been OK with that, because there are many reasons that they can come up with for that. But doing this behind my back, I mean, don’t these same people here call me “The face of Pride?” No thank you! This is just NOT the way you tread people and trust me, surely not me!


だからオレはPRIDEショーにだけ関わった、彼らはとても成長し、加えてPRIDEの為にいい仕事を私はできていたと思う。彼らの為に6年間働いてから、私はギャラのアップを要求してもいいだろうと思ったんだ。さあ、ここからだ、私が持っていたこの会社へのリスペクトが離れていったのは。交渉は始まった、一進一退のね、こう言えばああ言う。わかるだろ、通常の交渉どおりさ。で、その結果はフランク・トリッグと今度のPRIDE FSNショーは共同司会っていう事らしい。
ウォウ!これがオレが彼らの為に6年間働いた結果としていう事なのかい!こんな事は信じられなかった、もうここにはいられないと思ったね(勿論これが全てではないぜ、「ちょっとだけ」って言っただろ)もし彼らがフランク・トリッグがそれをすると私に言うなりemailをしてくれるなりすれば、私はそれを承諾しただろうよ。彼らがそうした理由は色々とあっただろうからね。だけど私に隠れてそうされてしまってはね、ここにいるみんなが同じように聞くんだ「PRIDEの顔?」勘弁してくれ。一緒に歩んで信頼しあう人がすることかい?少なく津も私はごめんだね。

That’s it! It’s also not a thing that I can turn back because once I know that people don’t respect me for what I do for them, it’s irreversible. That’s just my character and I can’t change that, I couldn’t look at myself in the mirror anymore if I did stay with them and still have to work with the people here in the US who don’t respect me.
I feel VERY bad about all this and I am sure that I am going to miss this job tremendously, the fighters, their trainers and friends, the staff in Japan, the friends that I made over there and of course the wonderful reactions from you guys that I always received!!


そういう事だ!私が戻る事はもうできない、一度彼らが私が彼らのしてきた事についてリスペクトしていない事がわかってしまってはもうどうしょうもない。もう撤回できないんだ。それは私のキャラクターだし、それを変える事はできないんだ。もし私をリスペクトしようとしない彼らとこれ以上一緒にアメリカで仕事を続けたら、私は自分の顔を鏡で見れなくなる。
こんな事でとても気分が悪い、そして私はこの素晴らしい仕事を、彼らのトレーナーとその友人を、日本のスタッフを、ここで作った友人達を失うことも間違いないと思っている。勿論君等からずっと受け取っていた素晴らしい反応もね。

Understand that I won’t go into details (this is for the people who want to interview me, this is it, I won’t say anything more). First of all because I am not that kind of person and second, because I had a great and outstanding 6 years with Pride and like I said before, Mr. Sakikabara and the Japanese staff always have been treating me with respect and have been very good to me.
I wish Frank Trigg all the best of luck and I hope that he will do a great job! Together with the one and only Mauro Ranallo, who’s the best play-by-play guy in the business I truly believe, it should be no problem!
No worry though, because I am pretty sure that “El Guapo” is not out of the picture and will “pop up” somewhere else, because this is in my blood and you simply can’t get that out just like that!
The one thing that’s good about it, this will be the first time in 6 years that I am home with New Years Eve with my family and I love that!
Happy Holidays everybody, and I really hope that you understand my decision.
Best wishes,

Bas Rutten


私が詳細に踏み切る事がない事を納得してくれ(私にインタビューしても何も私は語るつもりがないよ)。まず、私はそういった人となりではないこと、第二に私にはPRIDEと一緒に行った6年間の素晴らしい日々があること、そして冒頭でも言ったが、Mr榊原と日本のスタッフはいつもリスペクトを持ち私によくしてくれて、私はそれを素晴らしく思っていること。そういうことだ。
フランク・トリッグに幸あらん事を願ってるよ、素晴らしいショーにしてくれ。唯一無二のMauro Ranalloと一緒に。本当に彼は私が知っている中で最高の実況アナだ。彼なら心配ないぜ!
El Guapoが蚊帳の外でないのは間違いないから心配していないが、これはどこかに突然でてくるだろう。っこれは私の血が混じってて、そんな風に単純にはなくなる事はないだろうさ!
いい事は一つ、6年来初めて大晦日に家に帰って家族と暮らせることさ。これは最高だよ!
みんな、良い休日を。そして私の決断を指示してくれる事を望むよ。

バス・ルッテン


スポンサーサイト

  • 2010.09.28 Tuesday
  • -
  • 14:12
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
トリッグPRIDEに関わっていくの?
UFCに戻りたいんじゃなかったのか
  • 2005/12/21 4:27 PM
>PRIDEのアメリカの人たちって色々と問題あるんじゃねえ?
なんか俺もそんな気がします。ランペイジの「Nobody」発言は日本だったかもしれませんが、この手の話がよく目に付きますね。ランペイジも、InsideFightingやkamiproで「でも榊原社長には恩があるから・・・」みたいなことを語ってるので、問題のある輩が存在するのでしょうね。
ところで向こうの格闘技好きにとって、ルッテンの解説は評判が悪いと聞いたことがあるんですけど、これは事実なのでしょうか? マット・ヒュームなんか解説が上手そうな気がするんですけど、そうするとジャッジに問題のある人しかいなくなりますね(苦笑)。
  • 詠人知らず。
  • 2005/12/21 4:45 PM
私はPRIDEがアメリカ進出するなら最優先課題としてあのしょぼい英語版オフィシャルを直すことと、バスをもうちょっと前面に出すことが必要だと考えてたんで、ショックですね
しかし、トリッグと共同司会ってそんなイヤなんですかね
この後はKOTCのコメンテーターとかTUFのトレーナーとかいろいろうわさがあるみたいですが、戻ってきてくれないかな
  • マカオ
  • 2005/12/22 2:06 AM
トリッグと共同司会をする事自体よりも自分(バス)の全く知らないところでその話が進められて或る日突然「そういう事に決まったから」と言われた事がPRIDEスタッフへの不信につながったという感じではないでしょうか。
  • HAGANE
  • 2005/12/22 8:27 AM
ステ検査やらないとか、アメリカのルールにはあわせないとか、PRIDEの海外戦略は根本的に無理目なことばかりやってますね。
戦略もおかしい、人材もおかしいではアメリカ開催は夢のまた夢でしょうね……
  • 通りすがりK
  • 2005/12/22 11:32 AM
アメリカ進出は口だけで、本当はそんな気サラサラ無いよ、PRIDEは。日本で長く儲ける方が大事。
  • taka
  • 2005/12/22 6:26 PM
このダメージはプライドが想像している以上に大きいんじゃないのかな
アメリカのサイトとか見てると、やっぱりバスはかなりリスペクトされてるし、
日本で言うなら桜庭が韓国でリポーター必死でやってたのに低く見られたくらい屈辱だろ。

バスルッテンの解説がそのままアメリカのサイトで引用されてたりしてるのを良く見かけるからな。プライドって変なところでケチだよな。
  • まる
  • 2005/12/22 7:40 PM
それにしても、このルッテンの手紙の日本語訳はヒドい。誤訳だらけですよ。
  • しむ
  • 2008/05/05 5:44 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
selected entries
recent comment
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links