<< 【UFC】マット・リンドランド、タイトルへの道を語る | main | 【格闘技】ニック・ディアス インタビュー >>

スポンサーサイト

  • 2010.09.28 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


【ADCC】ホナウド・ジャカレ インタビュー

TATAMEより
パウロ・フィリオがADCC欠場したのもビザの問題だったらしいね。
ビザの問題さえ無ければ、もっと豪華な大会になれたのかと思うと…惜しい。

Ronaldo Jacare
By Marcelo Alonso
Reviewing ADCC 2005

Ronaldo Jacare was one of the great athletes of ADCC 2005. After doing eight fights and taking the - 88kg title home, Jacare fought tough guys as Marcelinho Garcia, Alexandre Cacareco at the open class and did review the final of BJJ Worlds 2004, against Roger Gracie. However, his fight started even in Brazil, before departing, due to some visa troubles. During this interview, made on the day after the competition, Jacare talks about his problems to get a visa, his fights with Marcelinho, Cacareco and Roger and other things he's seen at ADCC 2005.

ホナウド・ジャカレはADCC2005に出場した素晴らしいアスリートの一人です。8試合を戦い、88kgのタイトルを持ち帰った後、ジャカレはマルセリーニョ・ガッシアやアレッシャンドリ・カカレコといったタフな選手達と無差別級で戦い、2004年のBJJワールドカップを思い起こすホジャー・グレイシーとの戦いに挑みました。しかし、彼の戦いはブラジルにいる時、出発前から始まっていたのです。彼はビザのトラブルに悩まされました。このインタビューはコンペの数日後に行ったもので、ジャカレはビザのトラブルについて、マルセリーニョやカカレコ、ホジャーとの試合について、そしてADCC2005で何を見たのか、について話してくれました。

How did you submit with leg-lock a specialist as Alexandre Cacareco?
I fixed the hook from behind and fell down to his side. His leg got stuck in my hook. I caught him and pulled with the hook and then submitted him by leg-lock.


:アレッシャンドリ・カカレコの様なスペシャリストにどの様にしてレッグロックを極めたのですか?
■バックからフックしてサイドに降りた。彼の足は私のフックに引っかかっていたんだ。彼をキャッチしフックで引き寄せ、そのままレッグロックを極めたよ。

During your fight with Marcelinho. did you have a special strategy?
I wanted to fight on the top or bellow. I pulled him to my closed guard and fixed a triangle choke, once he is smaller and his arms would be spread. I attacked alternating the triangle choke and kimura. He ended submitted by a kimura from the guard.


:マルセリーニョとの戦いでは何か特別な作戦があったのですか?
■トップかあるいは下かで戦いたかった。クロースドガードで引き寄せ、トライアングルチョークで締め付けたんだ。一度は腕も伸びきって締め付けれたんだけどね。トライアングルチョークとキムラを交互に織り交ぜ攻撃し続けた。最後はガードからのキムラで極めたけどね。

And tell me about your strategy against Roger Gracie.
I was doing a great fight with Roger, but unfortunately I allowed him to get positioned. By the time he caught my back. He was superior on the fight.


:では、ホジャーに対する作戦を話してくれますか?
■ホジャーとは素晴らしい戦いだった、だが不幸にも彼にポジションを奪われてしまった。そこからは、私は彼にバックを奪われ、完全にペースを奪われてしまった。

Even winning the bout, you didn't play the tight game and kept fighting.
Yes. But in certain time he caught my back. He didn't even put the hooks. He passed through and fixed a triangle choke in my waist. I stood up. That is his position. With his long legs. (laughing)


:勝利した試合でさえ、あなたは膠着した戦いにせずに、戦い続けた。
■その通りだ。彼は私のバックをとったが、フックさえせずにパスをし、私の腰からトライアングルチョークを極めてきた。私は立ち上がった。だがそれは彼のポジションだったよ、彼の長い足のおかげでね(笑

There was a time referee said something for you and you gesticulated. What happened in that moment?
He said something with me and I was thinking he wanted us to go to the middle of the mat. I pointed with my finger I would go to the middle. I relaxed and Roger fixed the rear naked choke in my neck and submitted me. I thought referee had stopped the fight, because he touched me and I don't really understand English. But maybe Roger would catch me anyway, because it's his favorite position. and so far he had submitted everyone from there.


:レフェリーがあなたに何か話しかけ、あなたは手振りで答えていました。あれは何だったのですか?
■彼は私に話しかけてきて、どうも彼は我々をマットの中央に戻したかったみたいだ。私は中央に戻りたいと指差した。私が力を緩めるとホジャーは私にリアネイクドチョークを仕掛けてきて、それで私はタップをした。レフェリーは試合を止めるべきだった、何故なら彼は私に触れ、私はほとんど英語を理解できないんだ。だけど多分ホジャーはどうにかして捕まえたかった。そこは彼にとって最高のポジションだからね。彼はそこからみんなを極めてきたんだ。

Dou you want to face Roger at the BJJ Worlds?
Absolutely. I want and I like to fight him. I appreciate fighting with a tough guy. My happiness is fighting! My goal is facing the best fighters. Xande Ribeiro means good fight. I like to fight him. If I have to fight him, I'll always do because it will kick ass. I enjoy difficult fights and Roger for me is the most difficult fighter for me.


:ホジャーとBJJワールドカップで戦いたいですか。
■当然も当然だ。私は彼と戦いたい、彼と戦うのはとても楽しいよ。タフな選手と戦う事は最高だよ。戦いの中に私の幸せはあるんだ。私の目的は最高のファイターと戦う事なんだよ。シャンジ・ヒベイロとはいい戦いをした。彼と戦うのもとても楽しい。もし彼と戦わなければならないのなら、いつだって戦って尻を引っぱたいてやるよ。難しい戦い程楽しいよ、そして私にとってホジャーは最高に困難なファイターなんだ。

But do you have a strategy to defeat him now?
There is always a move you use in the certain time.


:しかし、あなたには今彼を倒す作戦はありますか?
■その時になればその時のためのムーブをするさ。

And about the visa? Without it you would be out of ADCC...
I start this story from Manaus. In two occasions, I've renewed my visa by the internet. I visited Embassy's web site, pay the first tax and then return to the web site and schedule an interview. The problem is they didn't have time for me until end of June. Then I called the Embassy everyday and I was not working. A week before, some people started to help me. Vitor from Koral was the guy who motivated me the most. In the last time I told Vitor: "I think I'll not fight ADCC". And Vitor, who is my sponsor, told me: "You will! You cannot give up. You shall never give up! I trained in plenty agony for 15 days.


:で、ビザの事は?それが無ければ、あなたはADCCを欠場せざるをえませんでした。
■マナウスから話は始まるよ。二回ほど私はインターネットビザを更新した事があった。私は大使館のウェブサイトに行き、最初の額を払った。また再度訪れインタビューの予定を入れようとした。結局彼らに6月末まで時間が無い事が私にとっては問題だった。私は毎日大使館に電話をし、トレーニングどころじゃなかった。一週間前になると、何人かが私を助けてくれた。Koralのヴィトーには何度も励まされたよ。遂には私はヴィトーに「ADCCで私は戦えないよ」とまで言った。それでヴィトーは、彼は私のスポンサーなんだが、彼はこう言ったんだ。「大丈夫だ!あきらめるなよ、絶対にあきらめちゃ駄目だ!」15日間は激しい苦悩でのトレーニングだったよ。

But then you got it.
We've sent a letter to the Consulate and a Xerox copy of the flight ticket. Kid Peligro helped me a lot. Vitor sent a fax as a manager and also the invitation letter of ADCC. The interview was on May 27, it means a day before the event. ADCC guys allowed me to weight at the time. I went to the consulate 5:30 am and called the dispatcher to help me out. At 11am my name was in the list and I haven't felt any kind of prejudice because I'm black. Every time I went to the Consulate I was never mistreated. I was treat as a professional athlete. When I left the building I screamed and shouted: "I will fight Abu-Dhabi!"


:だけど最終的にそれは取れた。
■領事館に手紙を送り、フライトチケットのコピーを送った。Kid Peligroはとても私の力になってくれたよ。ヴィトーはマネージャーとしてファックスを送ってくれ、ADCCの招待状も送ってくれた。インタビューは5/27だったんだよ。つまりイベントの前日だ。ADCCは計量は当日行う事で許してくれた。大使館に5:30に訪れ、私を助けてくれるディスパッチャーを呼んだ。11時の予定になっていて、私が黒人だからという偏見みたいなものは感じなかった。領事館ではいつも嫌な気持ちは味わった事はない。私をプロフェッショナルのアスリートとして扱ってくれるんだ。建物を出て、私は万歳をして叫んだよ「アブダビで戦える!!」ってね。

And tell me about the plane trip.
When a competition is near to happen, I only care about sleeping. On the plane I ate a lot. Even the stewardess though I was funny. Because I slept and ate the whole time. I ended weighting 88kg. I've never weight like this in my whole life.


:飛行機ではどうでしたか?
■コンペが近づいてたから、私は睡眠して休むだけだった。飛行機ではたくさん食べたよ。スチュワーデスでさえ私は奇妙に見えただろうね。だってずっと食っちゃ寝を繰り返してたんだから。結局88kgになっちゃったよ。人生で初めてこんな体重になったよ。

スポンサーサイト

  • 2010.09.28 Tuesday
  • -
  • 11:09
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
selected entries
recent comment
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links