<< 【観戦記】新春!DEEP&CMAファン感謝祭2009 後楽園ホール大会観戦記 | main | 【観戦記】2009/4/25 Valkyrie ディファ有明大会 観戦記 >>

スポンサーサイト

  • 2010.09.28 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


【観戦記】2009/4/10 修斗新宿FACE大会

 ひっ                        さびさのガッツマン興行。
客層がなんとも内輪な感じ、鬼の様に近いリング、、懐かしい…何もかもが懐かしい。
ともかく体が格闘技観戦から離れてしまった感じ。。でもやっぱり会場行くと楽しいわあ。
入りは9割というところ、満員です。

【第1試合】ライト級 5分2R
西野 英紀(GUTSMAN・修斗道場)vs 早坂 俊明(パラエストラ仙台)

西野はガッツマンの選手らしくパウンドが強く殴る殴る。
一方の早坂は下からの仕掛けが止まらない、なかなかに面白い選手。
当初は優勢に足関、十字、三角、と下から早坂が攻めているものの、徐々にパウンドでダメージを与える西野。
蓄積したダメージからか、動きが鈍くなってくる早坂に、西野の強いパウンドがガシガシと入っていく。

判定3-0で西野の勝利

お互いに持ち味が出たいい試合でした。
特に早坂は面白い選手。しかしあの攻め方じゃあパウンダーにはなかなか勝てんわなあ。
とはいえ、是非とも下からの攻めをもっと究めて欲しい。そういう選手は好きです。
西野はガッツマンらしいいい選手でした。

【第2試合】ライトヘビー級 5分2R[2009年度新人王決定トーナメント準決勝]
鈴木 ジャイアン 貴裕(パラエストラ松戸)vs 谷崎 智仁(秋本道場Jungle Junction)

谷崎のセコンドにはイヅル。谷崎はまあそんな感じの戦い方をする選手でした。
殴り合い→差し合い→コーナへ→ブレイク その展開が延々と続く。
ややフィジカルで鈴木が勝っているか、という感じ。
どちらも決め手無く試合終了。

判定3-0で鈴木の勝利

まあテイクダウンからマウントを奪って攻めるシーンがあった、、まあそれくらいの差でした。

【第3試合】バンタム級 5分2R
井島 裕彰(GUTSMAN・修斗道場)vs ナカシ(和術慧舟會トイカツ道場)

打撃→差し合いの展開が延々と続く。
打撃のシーンではナカシが優勢に進めるが、序盤は試合を決める程には差は無い。
しかしながら2Rに入ると、やや不利を感じたか、井島が一転打撃戦を挑んでくる。
ブンブンフックで前に出る井島だが、スウェーを織り込みかわしながらしっかり当ててくるナカシの打撃に徐々に劣勢になってくる井島。

判定3-0でナカシの勝利。

ナカシなかなか打撃に光るものがある。
そんなナカシに2Rはあえて打撃戦に持ち込んだ井島。
1Rのままの展開では勝ちようがないし、打撃勝負は選択肢として個人的にはアリだと思った。
まあ残念ながら結果は出なかったが。

【第4試合】ウェルター級 5分2R
岡田 孔明(PUREBRED大宮)vs 寿丸(秋本道場Jungle Junction)

激しい打撃戦。
岡田の打撃は勢いがあるが、相変わらず荒い。蹴っては転び、ピンチを招くシーンも。
寿丸も1R中盤の左フックで岡田をふらつかせると、徐々にペースを握っていく。
2Rに入ると早々に両者ドクターチェック。
目の腫れがひどい岡田と頭部からの激しい出血を見せる寿丸。
岡田は目の腫れをものともせずアグレッシブに前に出て行くが、冷静にパンチを当てているのは寿丸。
何度かのドクターチェックが入り、終に両者負傷ということで試合中断、判定へ。

判定3-0で寿丸の勝利

寿丸、後半はほんと確実に打撃を当てていた。
孔明のアグレッシブな姿勢も良かった、良かったのだが、やっぱ戦い方がちと荒すぎだよな。

【第5試合】バンタム級 5分2R
塩田“GoZo”歩(パラエストラ八王子)vs 塙 真一(パラエストラ小岩)

今日はいいGoZo。
投げでテイクダウンを奪うと、フロントチョークで締め上げる。
これは抜けるが、しっかりポジションはマウントにしてパンチパンチ。
GoZo、今日はともかくこの首をがぶり風に絞め上げてのグラウンドコントロールが秀逸。
下になっても首でコントロールして相手を投げ、リバーサルしちゃったりする場面も。
バック取り、マウント取り、殴り、絞め、やりたい放題のGoZo。
2Rになっても全く勢いは止まらず。GoZoすき放題に攻め続ける。

判定3-0で塩田GoZoの勝利

いやー、今日はいいGoZo!
今まで見た中で最高のGoZoでした。
塙は何もできず。ただ暴れるのみという感じでした。

【第6試合】ライト級 5分2R[2009年度新人王決定トーナメント2回戦]
丸井 憲一郎(アカデミアAz)vs 矢地 祐介(KRAZY BEE)

コーナに押し付けてくる丸井に大暴れでパンチとパウンドで攻め立てる矢地。
後ろを向いて逃げる様な格好になる丸井に、すわ秒殺か!と思うと番頭レフェリーが試合を止める。
おおー、秒殺かーと思うと試合再開。ハァ?狭いFACEの会場に疑問の嵐が吹き荒れる。
ジェスチャーからするとどちらかの選手がロープを手で巻き込んでいた?でも止める様なシーン?ともかく謎の展開。
スタンドから再開という謎の展開に、矢地がまたいきなり丸井に襲い掛かる。
パンチでふらつく丸井をパウンドラッシュする矢地。そこへ再び番頭レフェリーが割って入る。
どうもパウンドラッシュの時に矢地が膝を入れた模様。これには減点1がつく。
ここでのインターバルで丸井はなんとか回復。差しからテイクダウンを奪ってくるが、矢地はオモプラを狙いにいく。
これは失敗するが、下から三角を狙ってくる矢地。
ラバガ等軟体系の技を中心にグラウンドでもいい動きを見せる矢地。
矢地が三角絞めで絞め上げようとしたところでゴング。
2Rになると丸井が上になるシーンが増える。下から腕を狙う等仕掛ける矢地。
一方の丸井も上にはなるが特に攻め込む事もできず、時間が過ぎていく。

判定2-0で矢地。

判定は19-15、18-18、18-17と凄まじい分かれ方。
正直1R減点があるから、9-8(又は9-7)で矢地、2Rは上になって優勢に進めたから9-10で丸井又はドロー、というのが判定という意味では正しいと思う。
でもいくらなんでもこの試合でドローをつける横山さんの感覚は全く支持できない。
一方鈴木さんの1R9-6、2R10-9はちょいと納得できない。。けど、19-15はなんとなく支持できてしまう。。という不思議な感じ。
まあそれもこれも1R最初の謎のブレイクのせいなわけだが。
自分としては、「あ、間違えてダウンカウント取るつもりで止めちゃった」に見えたのだが、はてさて真実はどこに。
まあ、色々と問題のある試合だったが、一番注目すべきは矢地。こいつは強いよ。
一気に注目です。

【第7試合】ミドル級 5分2R[2009年度新人王決定トーナメント準決勝]
佐藤 洋一郎(グレイシー・バッハ東京)vs 平山 尚樹(アカデミアAz)

平山は顔を下げて突っ込んで行き、押し込み、テイクダウンを延々と繰り返す。
テイクダウンは奪うが、そこから先が無い平山。
後半になるとスタミナ切れか、佐藤のパンチがかなり当たり始める。
パンチを被弾しなが押し込んでいく平山。

判定3-0で佐藤の勝利

テイクダウンはそこそこ奪っていたが、特に何もできなければ負けだわなあ。
妥当な判定だと思います。

【第8試合】ウェルター級 5分2R
ガイ・デルモ(TEAM BLAZE脇町)vs 臼田 育男(総合格闘技木口道場)

ともかく凄まじいフィジカル同士のぶつかり合い。
タックルからバック、テイクダウンと臼田のレスリングは半端無い。
しかし機敏な動きとパワーでそこから攻めさせないガイ。
緊張感の続く打撃戦・スタンドレスリングが続く。
2R終盤、疲れの見えてきたガイをテイクダウン、パンチを落としていく臼田。
スタンドの打撃戦も臼田が優位に進め始める。
しかしガイもあきらめない。最後下から三角絞めを狙ったところでゴング。

判定2-0で臼田の勝利

ガイって久々に見たけど、随分強くなってるねー。びっくり。
そしてそれ以上に半端無いフィジカルと機敏な動きを見せる臼田。いやー、この選手は強いわ。
即刻クラスAで良いのではないかい?(もしかしてもうクラスA?)

【第9試合】バンタム級 5分3R
神酒 龍一(GUTSMAN・修斗道場)vs 生駒 純司(直心会格闘技道場)

生駒、、相変わらずかっこええなあ、、強いおっさんや。
神酒は1R中盤くらいからエンジンがかかってくる。ローとパンチを打ち分け、プレッシャーをかけながら当てていく。
ローを起点にパンチ、ハイキックと一方的に撃ち始める神酒。被弾しまくる生駒。
生駒、手は止まっていないが、いつもの力強い顔が見られない。弱々しい顔。
一気に攻め立てないが、確実に削っていく神酒。
生駒はふらついているが倒れない。顔面は血だらけ。
最後まで戦い続ける生駒。
倒し、非情に強いパウンドを当てていく神酒。ゴング。

判定3-0で神酒の勝利

試合後、リングに倒れたまま、ドクターに治療を受けながら判定を聞く生駒。
最後まで戦い続けた生駒に感動。チカラをもらったよ!!!
神酒強かった。こんなに打撃強い選手とは思っていなかった。。
だけど生駒本当にかっこよかった!!
なんとか立ち上がった生駒の手を上げる桜田会長。
会長の目には涙が光っている。そんな姿を見るおいらの目にも涙がほろり。

いい試合だった!!!

【総評】
終わってみれば全試合判定という、ちょっとどうなのよ、という結果。
とはいえそんなに辛くなかったのは、熱戦が多かった事につきる。(まあ矢地の試合は実質KO勝利だと思うが笑)
ベストバウトは正直選べないよ、いい試合が多すぎて。
神酒vs生駒戦にはほんと生きてく力を貰った、ありがとう生駒、臼田vsガイ戦は激しく早い名勝負だった、丸井vs矢地戦には新しく光る原石を見せてもらい、塩田GoZovs塙戦では柔術家の戦いここにあり、という戦いを見せてもらった。西野vs早坂戦、岡田vs寿丸戦も熱戦だったしね。
でもやっぱ心に来たのは神酒vs生駒戦だなー。神酒よ、生駒の屍(死んでねーけどね!)を越えて難攻不落の王者を倒せ!絶対に!!それを期待できるくらいのいい試合だったな。うーん、バンタム級は熱い、熱すぎる。
つーわけで、矢地という素晴らしい原石も拾えたし、生きる力ももらえたし、とっても満足度の高い興行でした。点数をつけると95点。もそっと試合数は少なくても良かったかもね。


スポンサーサイト

  • 2010.09.28 Tuesday
  • -
  • 02:32
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
zenさんこんな地味な修斗を見に来てくれてありがとう(笑)。判定ばっかだったけど、熱戦が多かったせいかさほど退屈しませんでしたよね。それにしても生駒さんは熱すぎた…。
  • うしをたおせ
  • 2009/04/11 10:56 PM
ほんとうに生駒さん熱かった。
修斗オヤジ軍団には毎回力を貰います。
  • zen
  • 2009/04/13 12:48 AM
コメントする









calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
selected entries
recent comment
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links