<< 【パンクラス】志田幹引退 | main | 【パンクラス】どーゆー関係?【戦極】 >>

スポンサーサイト

  • 2010.09.28 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


【UFC】ジョルジュ・サンピエール インタビュー

PunchDrunkGamerより
ジョルジュ・サンピエール インタビュー
おひさ(笑
なんか広告とか出ちゃってると聞いたので、少しだけ復帰。

Georges St. Pierre 'Preparing for Fitch'
By Justin Bolduc

PDG's Justin Bolduc sat down with UFC welterweight champion George St. Pierre to discuss his upcoming UFC 87 bout against Jon Fitch, as well as training, and changing weight classes.

PDGのJustin BolducはUFCウェルター級チャンピオン、ジョルジュ・サンピエールにインタビューし、今度のUFC87でのジョン・フィッチ戦について、トレーニングについて、そして階級の変更について聞きました。

PDG: How are you doing Georges?
Georges: I’m doing very well. I’m going to train right now – I’m on my way.


:やあ、調子はどうだい、ジョルジュ。
■ああ、とてもいい感じだよ。今まさにトレーニングしようとしたところさ。

PDG: In the past you’ve traveled to New York to train jiu-jitsu with Renzo Gracie, and you’ve also been known to train with Greg Jackson’s camp. Now I heard you went to Brazil and trained. Do you want to talk about how your training has evolved and what you’ve been doing at this point?
Georges: I went to Brazil for vacation, but the day before my vacation [the UFC] announced that I was going to fight Jon Fitch. I saw in that a great opportunity to train jiu-jitsu there. I brought my gi and I trained really hard. I didn’t really enjoy my vacation time, I enjoyed my training.


:前にヘンゾ・グレイシーのところに柔術のトレーニングをしにニューヨークに行ったね。それに君はグレッグ・ジャクソンのキャンプでトレーニングしているのも知られている。今回私は君がブラジルにトレーニングに行ったと聞いたよ。君のトレーニングはどんなに進歩しているんだい?何をしようとしているんだい?
■ブラジルには休暇に行くつもりだったんだよ。だけど休暇の前日にUFCが私がジョン・フィッチと戦うとアナウンスしてね。そこで柔術をトレーニングするいいチャンスだと思ったんだよ。私は自分のギを持っていって、しっかりとトレーニングしたよ。まあ休暇を楽しむことは全くできなかったけど、トレーニングは随分楽しめた。

PDG: What was the experience like to train Brazilian jiu-jitsu where it all began?
Georges: I made a lot of friends and had the chance to train with the best guys in the world, so it was an awesome experience.


:柔術が始まった地でのトレーニングはどうだったい?
■たくさんの友人を作れて、世界トップの選手達とトレーニングするチャンスを持てた、最高の経験だったね。

PDG: How do you feel it affected your submission game?
Georges: I’m way better than I used to be before. My hips are way more fluid. It was the best thing I could have done for my jiu-jitsu game.


:自分のサブミッションゲームには影響を与えそう?
■前よりよくなったと思う。尻がよりスムースに動かせる様になった。自分の柔術ゲームにとって、それは一番重要なことなんだ。

PDG: Once again you’re not fighting an easy guy. What are your thoughts on Jon and what unique challenges does he bring to the table?
Georges: He’s a different fighter than I have fought before. He brings a lot of problems to the table. He’s a black belt in Brazilian jiu-jitsu, a great, great wrestler, and he’s great standing up. I’m going to have to use a lot more tools than I have in the past because he’s very well-rounded – he’s a new breed of mixed martial arts fighter.


:あなたが今度戦う相手はイージーな相手ではないね。ジョンについてはどう思っている?どんなユニークな挑戦で彼はくるだろうね?
■彼は私が今まで戦ってきた相手とは異なるタイプのファイターだね。彼はやっかいな問題を私に押し付けてくるだろう。彼は柔術の黒帯だ、そして素晴らしい、実に素晴らしいレスラーでもある。そしてスタンドもグレートだ。私はかつて持っていた以上に多くの武器を使って戦わなければならないだろう。彼はとてもウェルラウンドな選手であり、彼はMMAファイターの新たな血を持っている。

PDG: You don’t really have a background in wrestling but a lot consider you one of the best at it inside MMA. What kind of things did you do to overcome guys who have wrestled since they were five years old?
Georges: I learn very fast and I train with some of the best guys in the world. When you do so you are just as good as your training partners.


:レスリングに関してあなたはほとんどバックグラウンド持っていませんが、MMA内においてはトップレベルであると多くの人は見ていますね。5歳のころからレスリングをやっている選手達に勝つために何をしているんだい?
■すばやく学び、そして世界トップの選手達とトレーニングをする。そうしていれば、そのトレーニングパートナーと同等になれるよ。

PDG: There was talk that you’d like to represent Canada in the Olympics in wrestling; is that something that you would still like to pursue?
Georges: Well right now I don’t really think about it because it is in the past. At that time I was training wrestling, and what happened is a funny story actually; I was training wrestling for going to the Olympic Trials but when Matt Serra got hurt I had the opportunity to fight for the interim title. So right there because I’m a mixed martial arts fighter my priority was to fight in MMA. For me I prefer to have a world champion belt for MMA then a chance to go to the Olympics. Also I was going to do the try-outs – it is one thing to go to the try-outs but another to go to the Olympics you know [laughs]. I don’t know if I’ll have the opportunity again in the future, but if the timing is right I’d do it, for sure.


:レスリングでオリンピックのカナダ代表になりたいなんて話があったね。それはまだ君が追求していきたいと思っていることなのかい?
■ああ、今はそれについては全然考えていないよ、過去の話さ。その時はレスリングをトレーニングしていて、実際大した話じゃないんだ。私はオリンピック予選に向けてレスリングをトレーニングしていた。だけどマット・セラが怪我をして、暫定王者をかけた戦いの話が出た。私はMMAファイターだ、私のプライオリティはMMAで戦うことにあったんだよ。私にとってはオリンピックのチャンスより、MMAのチャンピオンベルトの方が上だったんだ。トライアウトには行くつもりだったんだ、トライアウトに行くってのは一大事だよ。とはいえ君もわかっているだろうけど、それはオリンピックに行くってのとは別だけどね(笑)。今後チャンスがあるかどうかはわからない、だけどもしタイミングが合えばチャレンジしてみたいね。

PDG: There has been a lot of talk recently about some guys changing weight classes. We just saw Anderson Silva fight at 205-pounds, B.J. Penn has said he wants to fight for the welterweight title, and there has been talk about you moving up to fight Anderson. Is that something you actually want to do and what do you think is left to challenge you at welterweight?
Georges: Right now I think the number one guy to beat is Jon Fitch – he is undefeated in the UFC. I am having the best challenge right now. We’ll see. I go step by step. I don’t want to look past Jon Fitch; I made that mistake once when I fought Matt Serra for the title a year ago. Fitch is a great fighter. After [the fight with Fitch] I’ll see. Maybe B.J. Penn, maybe Thiago Alves – there are a lot of guys. Right now is not good timing for me to move up in weight class because I have a lot of requests and a lot of challenges in my weight class, but if one day the timing is good we’ll see – why not, you know?


:最近ウェイトを変える選手の話を良く聞くんだ。アンデウソン・シウバは205で戦い、BJペンはウェルター級タイトルをかけて戦いたいと言っている。あなたは体重をあげてアンデウソンと戦うつもりはありませんか?という話なんだけど。そうしたいという気持ちは全くない?ウェルター級ではまだチャレンジが残っているかい?
■今、私は倒したくてたまらない相手がいる、ジョン・フィッチだ。彼はまだUFCで無敗だ。現時点で最高のチャレンジだと思っているよ。一歩一歩進んでいかないとね。ジョン・フィッチが目の前にいることは忘れてはいけない。一年前、私はマット・セラと戦ったとき、一度そのミスを犯したんだ。フィッチは素晴らしいファイターだ。その後、私は次を考えるよ。それはBJペンかもしれないし、チアゴ・アウベスなのかもしれない。たくさんの選手がいる。体重をあげるのは今はいいタイミングではないと思っている。なぜなら今私には多くの挑戦状がこの階級で叩きつけられているんだ。だけどもしいつの日かタイミングが良ければ、考えるだろうね。駄目な理由はないだろ?

PDG: An art form in itself in this sport is cutting weight. You seem to be considered one of the bigger welterweights out there. What is the process like for you to get down to 170 by fight time?
Georges: Well, that is just an illusion. People think I’m a huge, huge welterweight – I’m a big welterweight, but I’m not the biggest one. Jon Fitch is bigger. [Josh Koscheck] is bigger than I am. Normally I walk around at 185, 186, 187 – a lot of guys at welterweight walk around near 200-pounds. I think it is because I have a large frame, but I’m not very thick. It makes me look bigger. Cutting weight for me is easy and I don’t have any problem doing it. It is like a walk in the park.


:このスポーツでは減量は切っても切ることができないよね。ウェルター級選手としてはあなたは大きい方の選手だと見られている。試合の時までに、どうやって体重を落としているんだい?
■ああ、それはただの幻想だね。みんな私はとても大きいウェルター級選手だと思っている。確かに私はウェルター級選手では大きい、しかし一番大きいわけではない。ジョン・フィッチの方が大きい。そしてジョシュ・コスチェックも私より大きい。通常私は185〜187を行ったりきたりしているくらいなんだけど、多くのウェルター級選手は200パウンド近くから落としてくるからね。骨格が大きいからそう見えるんだろうけど、そんなに厚みがあるわけじゃない。そのせいで大きく見えるんだろうけど。ウェイトカットは私にとってはイージーな事さ、大した問題はない。公園で散歩するようなもんさ。

PDG: Some of the guys are crazy with how much they can cut. Like you said, Koscheck is a big welterweight and he said he could probably even get to 155 if he wanted to.
Georges: I could probably get down to 155 if I wanted to with a diet and everything, but the thing is I want to be healthy at the end of my career when I retire. I don’t want to have [problems with my kidneys]. Cutting weight is bad for your body. It is not something good. Right now I try and stay healthy and don’t force it too much, and I plan on keeping it that way.


:カットできる体重に関して、何名かはクレイジーなほど落とせるね。あなたが言うとおりコスチェックはウェルター級としても大きいが、もし必要があれば155にだって多分落とせると言っていたよ。
■もし必要であればダイエットだとかで155に落とすことは多分私もやるよ。だけど私は引退する時、キャリアが終わる時に健康でいたいと思っているんだ。腎臓だとかに問題を持っていたくはないんだ。体重を落とすのは身体にはいいことじゃない。今私は健康のままいようとしている、それを無理やり行うことはない。このままキープしていくつもりだよ。

PDG: A big thing now taking place in Nevada right now is extra drug testing – not just at fight time but now to become licensed to fight. What are thoughts on the additional testing?
Georges: For me I think it is a good thing. I don’t mind at all, I don’t take steroids and I’ve never taken drugs so they can change the rules to test people as much as they want – it’s not going to bother me.


:ネバダで今大きなことが起きているね、エクストラ・ドラッグ・テストだ。試合の時だけでなく、ライセンスを取る時までドラッグテストをする。この追加テストをどう思う?
■私としては、それはいいことだと思っているよ。何も心配していない。私はステロイドを摂っていないし、薬物は一度も使ったことがない。だから彼らは好きなだけみんなをテストすればいいと思っている。私を悩ませることは一切ないよ。

PDG: Are you aware of a challenge that [Elite XC’s] Gary Shaw made to Dana White about you fighting Jake Shields on one of their shows on CBS?
Georges: No, I didn’t know that. I’m a professional fighter and if I have to do it, I will do it. If the UFC asks me to do it I will do it, it is up to them.


:ゲーリー・ショウがダナ・ホワイトに彼らのCBSのショーであなたとジェイク・シールズを戦わせろと挑戦してきた事を知ってるかい?
■いや?それは知らないな。私はプロフェッショナルファイターだ。もしそうしなければいけないのなら、そうするよ。もしUFCがそれについて聞いてくれば私は戦う。彼ら次第だね。

PDG: What would you think about fighting on a major television network?
Georges: It would have been a great honor. It would be good for my career – as long as I do well [laughs]. But I would not refuse it.


:メジャーなテレビネットワークで戦うことについてはどう思う?
■光栄なことだと思うよ。私のキャリアとしてはいいことだろうね--うまくできればだけど(笑)。だけどそれを辞退することはないだろうね。

PDG: How do you reflect on your career up to this point?
Georges: I’m happy about my accomplishments, but it is very hard to go up and very easy to go down. I want to keep it up [laughs].


:この時点までのキャリアをあなたはどう考える?
■私の業績に関してはハッピーだと思っているよ。だけどこういうのは上げるのは難しいが下がるのは簡単だからね。上げ続けていたいね(笑)

PDG: To wrap things up are there any sponsors you want to mention or any final words you want to say?
Georges: I want to thank Affliction and I’ll my fans for the support.


:何か最後に、スポンサーやファンにありますか?
■Affictionに感謝します。そして応援してくれているファンに感謝します。

スポンサーサイト

  • 2010.09.28 Tuesday
  • -
  • 06:42
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
selected entries
recent comment
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links