<< 【格闘技】エルメス・フランカ インタビュー | main | 【WEC】前田吉郎、いきなりタイトル戦へ >>

スポンサーサイト

  • 2010.09.28 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


【WEC】ダマッシオ・ペイジvs前田吉郎

MMAWeeklyより
前田vsダマッシオ・ペイジですか。
かなーり荒削りだけど、身体能力には驚かされたなあ。
あれからどこまで伸びているかはわかりませんが、前田としては志田という比較材料がある限り絶対負けられない試合だよね。
でもタイプとしては前田は苦手とするタイプの相手かなあ。

- DAMACIO PAGE FACES YOSHIRO MAEDA AT WEC 34
Monday, April 14, 2008 - by Ricardo Mendoza - MMAWeekly.com

He made his World Extreme Cagefighting debut on only three days notice, winning a hard fought decision over former NCAA wrestler Scott Jorgensen at WEC 32. Now, Damacio Page will meet featherweight King of Pancrase Yoshiro Maeda on June 1 at WEC 34. The promotion announced the bout on Monday.
Maeda also made his promotional debut at WEC 32, stopping Charlie Valencia with strikes in the first round of their bantamweight bout.
Page is excited and has already started training, being two weeks into his training camp for the bout. “I feel good about the fight. I’ve been working on my stand-up and explosiveness in preparation for the (Maeda). He is really good on the feet and it will be a good test for me.
“One of the reasons I wanted to fight Maeda was because I fought Miki Shida in Pancrase, I beat him and Maeda has beaten him twice,” said Page, who has had his sights set on the Pancrase champion for some time.
“Maeda is one of the best 145-pounders in Japan and I’ve wanted to measure myself against him to see how good I am.”


WEC32でのデビュー戦は3日前に通知されたものでした。しかし彼は元NCAAレスラーのScott Jorgensenを激しい戦いの末判定で敗りました。今回ダマッシオ・ペイジはフェザー級キングオブパンクラシスト 前田吉郎と7/1に行われるWEC34で戦えます。この試合は月曜日にアナウンスされました。
前田もWEC32でこの団体へのデビューをはたしており、バンタム級戦にて第一ラウンドでチャーリー・バレンシアを敗っています。
ペイジはとても燃えており、すでにトレーニングを開始しています。トレーニングキャンプに入ってから二週間が過ぎ去っています。「この試合には満足だね。前田に向けてスタンドアップのトレーニングと、爆発力を鍛えているよ。彼のスタンドは素晴らしい、これは私にとっていい試練になるだろう」
「私が前田と戦いたいのは、私がかつてパンクラスで志田幹と戦ったからだ、私は彼を叩きのめしており(訳注:負けてるけどね)、前田は彼を二度叩きのめしたことがある」ペイジはそう言います。彼は一時期パンクラスのチャンピオンを目指していたことがありました。
「前田は日本で145パウンダーとしてベストの一人だよ、彼と戦い、自分がどのレベルにいるのか試してみたい」

Page is taking the fight seriously and is hopeful of a title shot by year’s end. “Hopefully if everything goes well, I can get a title shot in December at the last show of the year.”
If he does earn a title shot in December, he will likely face the winner of the June 1 bout between current champion Miguel Torres and challenger Manny Tapia. Page realizes that neither is an easy task, “They are both really good fighters on the ground. Tapia has good takedown defense and Torres has slick submissions with good takedowns.”
First, he must get past Maeda, who hasn’t lost in his last five bouts, but Page feels he is prepared, having learned from his WEC debut. “I learned a lot from my last fight. I need to be in shape all the time because you never know when you’re going to get an opportunity to fight.”
Unlike the bout against Jorgensen, however, Page has ample time to prepare for Maeda and promises to be ready come June 1 when the WEC makes its own debut in Sacramento, Calif.


ペイジはこの試合に真面目に取り組んでおり、年末までにはタイトル戦を望んでいます。「もしうまくいけば、12月の最後の大会でタイトル戦をやりたいね。」
もし彼が12月にタイトル戦を獲得したら、たぶん7/1に行われる現チャンピオンのミゲール・トレスと挑戦者マニー・タピアの勝利と戦うことになるでしょう。彼は素晴らしいテイクダウンと流れる様なサブミッションを持ちます。
まず彼は前田を倒さなければなりません、彼はここ5戦負け無しです。しかしペイジはWECデビュー戦から学び、準備はできていると感じています。「この前の試合で多くのことを学んだよ。いつ戦えるチャンスがくるのかわからないからね、いつでも身体は作っておかなければならない」
Jorgensen戦とは全く異なる戦いになるでしょうが、ペイジには前田に対する充分な準備期間があります。彼は7/1準備万端で試合に臨むことを約束してくれます。

スポンサーサイト

  • 2010.09.28 Tuesday
  • -
  • 09:52
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
selected entries
recent comment
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links