<< 【格闘技】リグス、手術する | main | 【修斗】修斗2008/3/21北沢タウンホール大会観戦記 >>

スポンサーサイト

  • 2010.09.28 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


【格闘技】ポール・デイリー引退

MMAWeeklyより
ガーン、ショック。
パウンドが激しいいいファイターだったんだけどなあ。
北岡戦の時にはまだ少ししか映像見たことなくて、あんまり印象強くなかったんだけど、その後映像集めていい選手だって事がわかったり。
その後の活躍を楽しみに見てたんだけど。
数少ない生観戦した外国人ファイターだけに、自分としては応援していたんだが。

- BRITISH FIGHTER PAUL DALEY CALLING IT QUITS
Tuesday, February 26, 2008 - by Lee Whitehead - MMAWeekly.com
--------------------------------------------------------------------------------

In a surprising turn of events, U.K. welterweight star Paul “Semtex” Daley has announced that he is effectively retiring from the sport of mixed martial arts as of March 29, 2008. He leaves a hole in the division and a series of unanswered questions as to the reasons behind the announcement.
Daley rose to prominence in the Cage Rage promotion, carving a name for himself as a formidable striker with a solid ground game. His ascent in the U.K. has brought in a major haul of titles including Cage Rage British Champion, Cage Rage World Champion, FX3 World Champion and King of the Ring Muay Thai Champion; all at welterweight.
The 24-year-old fighter continued his rise by signing a multi-fight deal with ProElite following an extensive period of courting that included K-1 and the Ultimate Fighting Championship vying for his services. He has always stated that his goal is to become “the best MMA fighter in the world at welterweight.” Daley’s retirement from the sport at such a tender age means that we won’t be witnessing the marquee fights he deserves… yet.
It is possible that his abdication of titles nullifies any contract commitments and that he may materialize in the future, but it also may mean that as unfathomable as it sounds for such a consummate competitor, that he has fallen out of love with the sport of MMA.
At the time of publication, Paul Daley was unavailable to comment on the situation.
Daley’s public announcement in full:


突然驚くべきことが起きました。イギリスウェルター級のスター、ポール・デイリーが3/29をもってMMAを事実上引退するとアナウンスしました。彼はこの階級に穴を開け、このアナウンスの背後にある理由への未回答の質問には答えていません。
デイリーはCage Rageで名を挙げ、固いグラウンドゲームで並はずれた打撃を見せるストライカーとして印象づけられていました。彼はイギリスで活躍し、Cage Rage全英チャンピオン、Cage Rage世界チャンピオン、FX3世界チャンピオン、King of the Ringムエタイチャンピオン(全てウェルター級)を含む著名なタイトルを奪取しています。
24歳の彼はProEliteと複数試合の契約をし、躍進を続け、今後はK-1とUFCを含む団体による奪い合いが予想されていました。彼は常日頃から彼の目的は「ウェルター級世界最強のMMAファイター」になることだと言っていました。こんなに若くしてのデイリーがこのスポーツから引退したことで、我々は彼にふさわしい看板になる様な試合を目にする機会を永遠に失ってしまいました。
彼がタイトルを放棄しました。どの契約も破棄されるかもしれません、また、彼が今後戻ってくることになるかもしれませんが、彼がこんな素晴らしいコンペティターであるかどうかはわかりません、彼はMMAというスポーツに冷めてしまったのかもしれません。
公表に伴い、ポール・デイリーはこの件に関してコメントすることはできないと言っています。
デイリーの公式なアナウンスを以下に記します。

“This is for the fighters, fans, promoters and trolls alike.
As of now I will be stepping down as Cage Rage Champion (British and world), FX-3 Champion and KOTR champion. I vacate all these titles. Further more I consider my self retired (from all MMA/Thai boxing) as of March 29th. March 29th I will fulfill my contracted commitment for Pro Elite, against a yet unnamed opponent.
No speculation, No further announcements, once I’ve found the path I originally set out on in the Martial Arts, I may return to this SPORT, maybe 6 months - maybe 6 years, who knows.??Who will be the next welterweight CRC champ? FX-3 champ?...
Thanks
Paul Daley”


「これはファイター、ファン、プロモータ、そしてトロールの様な人に向けたものです」
現時点で私はCage Rageチャンピオン(全英と世界)、FX-3チャンピオン、そしてKOTRのチャンピオンから退くつもりです。私はこれらすべてのタイトルを返上します。3/29で私は(全てのMMA、タイボクシングから)引退しようと考えています。3/29、私はProEliteとの契約を完遂します。相手はまだ決まっていません。
憶測しないでください、また、今後のアナウンスをするつもりはありません。かつて私はこの道を見つけました。私は元々マーシャルアーツを起源にしています。私は多分このスポーツに戻ってくるでしょう、6ヶ月後が、6年後か、それは誰にもわかりません。CRCやFX-3の次期チャンピオンは誰になるのでしょうか?
どうもありがとう
ポール・デイリー

スポンサーサイト

  • 2010.09.28 Tuesday
  • -
  • 11:23
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
selected entries
recent comment
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links