<< 【EliteXC/Strikeforce】ドリュー・フィケット インタビュー | main | 【格闘技】ポール・デイリー引退 >>

スポンサーサイト

  • 2010.09.28 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


【格闘技】リグス、手術する

MMAWeeklyより
リグス大丈夫か??
まああまり重症ではなさそうだけど…
これだけ試合でている選手だと身体ボロボロなんだろうなあ…

- JOE RIGGS TO UNDERGO PROCEDURE FOR BACK
Tuesday, February 26, 2008 - by Tom Hamlin - MMAWeekly.com

This Thursday, Joe “Diesel” Riggs will undergo surgery to repair spinal damage sustained in his fight with Cory Devela at “Strikeforce at the Dome” last Saturday.
Riggs injured his back in the first minute of the fight. Devela threw a kick, which Riggs tried to catch and use for a takedown. Instantly, he knew something was wrong.
“I felt fire shoot down my right leg,” Riggs told MMAWeekly.com.
Still, he tried to fight, throwing knees as the two clinched against the cage. Instinctively he drove forward for a takedown, his legs going numb, and walked into a hip toss that Devela executed perfectly.
When he hit the ground, it was no longer a question as to whether he could continue.
“I was like, I’m done. I’m done; I can’t do anything,” Riggs said. “I thought I was paralyzed.”


今週の木曜日、土曜に行われたStirkeforceでCory Develaとの試合で負った脊椎損傷のダメージを直すための手術を受けます。
リグスは試合開始一分で怪我をしました。Develaの蹴り足をリグスが捕まえテイクダウンしようとしました。すぐに彼はどこかおかしくなった事に気付きました。
「私の右足が燃え上がった様な感じだったんだ」リグスはそう言います。
しかし彼は戦おうとし、ケージを背にティーカオを出します。本能的に彼はテイクダウンを狙いに行きました。彼の脚はしびれており、デベラが完璧に放ったヒップトスにはまり込みました。
彼がグラウンドに叩きつけられた時、彼が続けることができたかどうかは明白でした。
「こんな感じだよ、畜生やられた、何もできねえ」リグスは言います「麻痺しちまったと思っていた」

Doctors will use a procedure called Radiofrequency Denervation to heat the inside of his spinal discs, which will relieve pressure on his sciatic nerve that was aggravated by two previous back injuries.
Last April, Riggs had undergone surgery to repair a herniated disc between his L-4 and L-5 vertebrae. Then, four months ago, he broke a transverse process, a bone that protrudes from the vertebra and attaches to muscles and ligaments.
When Riggs cranked his back for the takedown, his sciatic nerve pinched against his transverse process and the afflicted vertebrae.
As a fighter with a strong sense of pride, the experience has deeply unsettled Riggs. He feels credit is being given where it isn’t due, and regrets taking the fight. When he arrived in Washington, his back was already acting up.
“I’m pulling my hair out over this thing, it’s embarrassing,” Riggs said. “I’m not trying to disrespect the guy, but he had no business beating a guy like me.”


Radiofrequency Denervationと呼ばれるやり方でドクターは脊椎円板の内部を温めました。彼の坐骨神経の圧を弱めるためです。この部位は過去二度にわたり痛めた場所でした。
昨年の4月、リグスはL-4とL-5の脊椎の間の椎間板ヘルニアを治すための手術をしています。その後4か月前に彼は横の突起と脊椎から突き出た骨を骨折し、筋肉と靭帯を付着させました。
リグスがテイクダウンを奪おうと彼の背中を曲げたとき、彼の坐骨神経は横の突起で傷つき、脊椎を痛めました。強い自尊心を持ったファイターとして、この経験はリグスを不安にさせました。彼は危険な個所を信用しており、戦いに赴いたことを後悔しています。彼がワシントンに着いたとき、彼の背中はすでにうまく機能していませんでした。
「コン畜生だよ。どうしたらいいんだ」リグスは言います「彼を軽視するつもりはないが、彼はオレを倒すようなことは何もしてないぜ。」


On the bright side, the procedure has a short recovery period. Doctors have told Riggs he can get back into the gym a week after the process. Just to be safe, he’s taking two.
He also has an immediate rematch clause in his contract, so more than anything, he’s looking forward to proving Devela’s win was a fluke.
“I vow my career on it; it will be a total, complete ass whooping,” Riggs said.


いい面としては、この手術は短い期間で済むということです。ドクターはリグスに彼は手術後一週間後にジムに戻れると言いました。安全を期して彼は二週間そこにいます。
彼は契約上すぐさまの再戦に関する条項を持っています。何にも増してDevelaの勝利はまぐれだったことを証明したいと思っています。
「キャリアにかけて誓うよ、総合的に完璧にブチノメシテやる」リグスはそう言います。

スポンサーサイト

  • 2010.09.28 Tuesday
  • -
  • 20:21
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
selected entries
recent comment
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links