<< 【UFC】タイソン・グリフィン 語る | main | 【格闘技】ヴィトー・ベウフォート インタビュー >>

スポンサーサイト

  • 2010.09.28 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


【UFC】ディエゴ・サンチェス語る

MMAWeeklyより
ディエゴ・サンチェス、凄くコスチェック戦に比べて本当によくなってたと思う。
だけどフィッチのパワーと技術に圧倒されていたのも事実。
落とせるなら落とす選択もありだと思うが、、

- DIEGO SANCHEZ MOVING TO LIGHTWEIGHT?
Tuesday, September 25, 2007 - by Damon Martin - MMAWeekly.com

Coming into his bout at UFC 76, Diego Sanchez had already gone through much just to make it to his fight with Jon Fitch.
Sanchez, who was coming off of his first professional loss at the hands of rival Josh Koscheck at UFC 69, was rumored after the bout to possibly have been infected with Hepatitis and he had actually contemplated retirement.
As it turns out, Sanchez actually had a staph infection that opened a softball-sized hole on his thigh after the fight with Koscheck.
The former Ultimate Fighter winner also recently changed camps, leaving Greg Jackson’s team from New Mexico, and relocated to San Diego to work primarily with boxing coach Rob Garcia.
Through all the uprooting, Sanchez remained focused on his goal, which was to get back to the top of the welterweight division. His first test was Jon Fitch.
After a three-round fight, the judges gave the decision to Fitch, handing Diego Sanchez not only a loss, but also the second in a row for him, something he’s obviously never tasted before.
The bout went to a split decision, but Sanchez commented that he believes Fitch deserved the win.
“I feel that he beat me fair and square, but I was close, but close isn't close enough,” Sanchez said about the fight. “I'm just going to have to go back to work, get stronger, come back and fight again. All the fighters go through their losses, and this happens to be my second loss. I'm just going to come back stronger. That's the only way I can take it."


UFC76での試合の前、ディエゴ・サンチェスはジョンフィッチとの戦いに辿り着くまでに多くの事が通り過ぎて行きました。。
UFC69でライバルのジョシュ・コスチェックにプロ初の敗北をサンチェスはつけられ、試合後彼は肝炎にかかったと噂され、実際彼は引退を考えていました。
結局、サンチェスは感染症であることがわかり、コスチェックとの試合後、彼の太腿にはソフトボール大の穴が空きました。
この元Ultimate Fighterの勝者は最近キャンプも変えており、ニューメキシコのグレッグ・ジャクソンのチームを去り、ボクシングコーチ Rob Garciaとのトレーニングを主としてサンディエゴへと移りました。
全てを一新し、サンチェスはただ自分の目標へ集中しました。ウェルター級のトップへと君臨する事です。その最初の試練はジョン・フィッチでした。
3ラウンドの後、判定はフィッチに上がり、ディエゴ・サンチェスは敗北しました。それはただの負けではなく連敗となる敗北でした。これは未だかつて彼が味わったことが無い重い現実でした。
この試合はスピリットの判定でしたが、サンチェスはフィッチが勝利に値すると試合後コメントしていました。
「彼は私を正攻法で殴ってきた、私はクローズで受けたが、そのクローズは十分ではなかったんだ。」サンチェスは試合についてそう語ります。「ただ自分のすべきことへと戻る必要があった、力を振り絞り再び試合へと戻らねばならなかったんだ。全てのファイターは自分の敗北を乗り越える、これは私にとって二度目の敗北だ。私はより強くなって戻ってくるだけだ。それしか私ができる事はない。」

The fight was back and forth throughout with Sanchez using his jiu-jitsu game from the bottom to go for multiple submissions, but Fitch was seemingly strong enough to avoid any real danger in the exchanges. The strength difference even brought about contemplation from Sanchez about dropping to the UFC’s lightweight division.
“Once he got slippery it made it easy for him to pull out of some of my submissions,” said Sanchez. “I give Jon all the credit tonight. I went in there and I fought hard and it wasn't my night. It was Jon's night.
“I know I'm going to come back strong. I'm contemplating in my mind whether I'm going to drop to 55 (155 lbs.) or not because I really am a smaller welterweight. It's either that or start power lifting and get a little stronger because I did feel a little bit not as strong in there as I should have been."
When he was on The Ultimate Fighter reality show, Sanchez competed and won the competition’s 185 lb. weight class by defeating Kenny Florian, who now competes at 155 lbs. Many of the show’s fighters have chosen to drop to lighter weight classes to give them a competitive advantage and Sanchez may have one more drop to go.
"I've got to really think about it. It's something that I've got to give some serious thought,” stated Sanchez about the possible move to lightweight.
“I like fighting the guys at 170. I'm not afraid of any of the guys. It's not like I want to drop down like that, but the 155 lbers. are just as dangerous as the 170 lbers. It's just something that I have to think about. I want to fight BJ Penn."
With the back-to-back losses looming overhead and a growing welterweight division, will Sanchez opt to do what so many other fighters have done and move down a weight class to become more competitive?
Only Diego Sanchez knows the answer to that one.


この試合は下からサンチェスが柔術を使い、幾度となくサブミッションを仕掛けるという展開で、一進一退の試合でした。しかしフィッチはその仕掛けにおいて本当に危ない場面を避けるのに充分な力を持っていた様でした。この力の違いはサンチェスがライト級へと階級を下げる事について考えさせるほどでした。
「一旦彼の身体が滑る様になると、いくら私がサブミッションを仕掛けても全く通用しなくなってしまった」サンチェスは言います。「今夜は全ての祝福をジョンに送るよ。私はケージに上がり、ハードに戦ったが、風が吹くことは無かった。今晩はジョンに風が吹いたのさ」
「私は強くなって戻ってくるだろう。55に落とすかどうかも考えている。ああ、それは私がウェルター級で小さいから、というわけではけして無い。それか、パワーリフティングを始めて、もう少し力をつけようかと思っている。ここでやっていくには私には力が足りないと感じたんだ。」
彼がTUFリアリティショーに出た時、サンチェスは185lbsでケニー・フロリアンと戦い、優勝しました。今彼は155lbsで戦っています。そのショーに出ていた多くのファイターはより軽い階級に落とすことを選択しており、より優位に戦おうとしています。サンチェスももう一つ落とすかもしれません。
「それについては真剣に考えている。それは真剣に考えなければいけない事なんだ。」サンチェスはライト級に落とすことについてそう言います。
「170の選手と戦うのは好きだ。誰も怖くはない。そんな風に階級を下げたいとわけじゃないが、155の選手達は170の選手達とまったく同じく危険な選手達だ。私が考えなければいけないのはそういった事だ。私はBJペンと戦いたい。」
ウェルター級が成長し、頭上に重くのしかかり、相次ぐ敗北により、サンチェスは多くのファイターがした様に、より競争力を高める為に階級を下げるのでしょうか?
ディエゴ・サンチェスだけがその答えを知っています。

スポンサーサイト

  • 2010.09.28 Tuesday
  • -
  • 23:43
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント

ア ナ ル舐め&手 コ キのダブルアタックやべぇぇぇぇ!!!!
毎回やられて、もう完全にドMに調 教されてしもたす!!!!

もうこのまま飼われちまおうかな?(笑)
http://8bhvu56.kxyasx.info/8bhvu56/
  • TARO
  • 2011/02/24 3:38 AM
コメントする









calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
selected entries
recent comment
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links