スポンサーサイト

  • 2010.09.28 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


【UFC】ジョルジュ・サンピエール インタビュー

PunchDrunkGamerより
ジョルジュ・サンピエール インタビュー
おひさ(笑
なんか広告とか出ちゃってると聞いたので、少しだけ復帰。

Georges St. Pierre 'Preparing for Fitch'
By Justin Bolduc

PDG's Justin Bolduc sat down with UFC welterweight champion George St. Pierre to discuss his upcoming UFC 87 bout against Jon Fitch, as well as training, and changing weight classes.

PDGのJustin BolducはUFCウェルター級チャンピオン、ジョルジュ・サンピエールにインタビューし、今度のUFC87でのジョン・フィッチ戦について、トレーニングについて、そして階級の変更について聞きました。

PDG: How are you doing Georges?
Georges: I’m doing very well. I’m going to train right now – I’m on my way.


:やあ、調子はどうだい、ジョルジュ。
■ああ、とてもいい感じだよ。今まさにトレーニングしようとしたところさ。

PDG: In the past you’ve traveled to New York to train jiu-jitsu with Renzo Gracie, and you’ve also been known to train with Greg Jackson’s camp. Now I heard you went to Brazil and trained. Do you want to talk about how your training has evolved and what you’ve been doing at this point?
Georges: I went to Brazil for vacation, but the day before my vacation [the UFC] announced that I was going to fight Jon Fitch. I saw in that a great opportunity to train jiu-jitsu there. I brought my gi and I trained really hard. I didn’t really enjoy my vacation time, I enjoyed my training.


:前にヘンゾ・グレイシーのところに柔術のトレーニングをしにニューヨークに行ったね。それに君はグレッグ・ジャクソンのキャンプでトレーニングしているのも知られている。今回私は君がブラジルにトレーニングに行ったと聞いたよ。君のトレーニングはどんなに進歩しているんだい?何をしようとしているんだい?
■ブラジルには休暇に行くつもりだったんだよ。だけど休暇の前日にUFCが私がジョン・フィッチと戦うとアナウンスしてね。そこで柔術をトレーニングするいいチャンスだと思ったんだよ。私は自分のギを持っていって、しっかりとトレーニングしたよ。まあ休暇を楽しむことは全くできなかったけど、トレーニングは随分楽しめた。

PDG: What was the experience like to train Brazilian jiu-jitsu where it all began?
Georges: I made a lot of friends and had the chance to train with the best guys in the world, so it was an awesome experience.


:柔術が始まった地でのトレーニングはどうだったい?
■たくさんの友人を作れて、世界トップの選手達とトレーニングするチャンスを持てた、最高の経験だったね。

PDG: How do you feel it affected your submission game?
Georges: I’m way better than I used to be before. My hips are way more fluid. It was the best thing I could have done for my jiu-jitsu game.


:自分のサブミッションゲームには影響を与えそう?
■前よりよくなったと思う。尻がよりスムースに動かせる様になった。自分の柔術ゲームにとって、それは一番重要なことなんだ。

PDG: Once again you’re not fighting an easy guy. What are your thoughts on Jon and what unique challenges does he bring to the table?
Georges: He’s a different fighter than I have fought before. He brings a lot of problems to the table. He’s a black belt in Brazilian jiu-jitsu, a great, great wrestler, and he’s great standing up. I’m going to have to use a lot more tools than I have in the past because he’s very well-rounded – he’s a new breed of mixed martial arts fighter.


:あなたが今度戦う相手はイージーな相手ではないね。ジョンについてはどう思っている?どんなユニークな挑戦で彼はくるだろうね?
■彼は私が今まで戦ってきた相手とは異なるタイプのファイターだね。彼はやっかいな問題を私に押し付けてくるだろう。彼は柔術の黒帯だ、そして素晴らしい、実に素晴らしいレスラーでもある。そしてスタンドもグレートだ。私はかつて持っていた以上に多くの武器を使って戦わなければならないだろう。彼はとてもウェルラウンドな選手であり、彼はMMAファイターの新たな血を持っている。

PDG: You don’t really have a background in wrestling but a lot consider you one of the best at it inside MMA. What kind of things did you do to overcome guys who have wrestled since they were five years old?
Georges: I learn very fast and I train with some of the best guys in the world. When you do so you are just as good as your training partners.


:レスリングに関してあなたはほとんどバックグラウンド持っていませんが、MMA内においてはトップレベルであると多くの人は見ていますね。5歳のころからレスリングをやっている選手達に勝つために何をしているんだい?
■すばやく学び、そして世界トップの選手達とトレーニングをする。そうしていれば、そのトレーニングパートナーと同等になれるよ。

PDG: There was talk that you’d like to represent Canada in the Olympics in wrestling; is that something that you would still like to pursue?
Georges: Well right now I don’t really think about it because it is in the past. At that time I was training wrestling, and what happened is a funny story actually; I was training wrestling for going to the Olympic Trials but when Matt Serra got hurt I had the opportunity to fight for the interim title. So right there because I’m a mixed martial arts fighter my priority was to fight in MMA. For me I prefer to have a world champion belt for MMA then a chance to go to the Olympics. Also I was going to do the try-outs – it is one thing to go to the try-outs but another to go to the Olympics you know [laughs]. I don’t know if I’ll have the opportunity again in the future, but if the timing is right I’d do it, for sure.


:レスリングでオリンピックのカナダ代表になりたいなんて話があったね。それはまだ君が追求していきたいと思っていることなのかい?
■ああ、今はそれについては全然考えていないよ、過去の話さ。その時はレスリングをトレーニングしていて、実際大した話じゃないんだ。私はオリンピック予選に向けてレスリングをトレーニングしていた。だけどマット・セラが怪我をして、暫定王者をかけた戦いの話が出た。私はMMAファイターだ、私のプライオリティはMMAで戦うことにあったんだよ。私にとってはオリンピックのチャンスより、MMAのチャンピオンベルトの方が上だったんだ。トライアウトには行くつもりだったんだ、トライアウトに行くってのは一大事だよ。とはいえ君もわかっているだろうけど、それはオリンピックに行くってのとは別だけどね(笑)。今後チャンスがあるかどうかはわからない、だけどもしタイミングが合えばチャレンジしてみたいね。

PDG: There has been a lot of talk recently about some guys changing weight classes. We just saw Anderson Silva fight at 205-pounds, B.J. Penn has said he wants to fight for the welterweight title, and there has been talk about you moving up to fight Anderson. Is that something you actually want to do and what do you think is left to challenge you at welterweight?
Georges: Right now I think the number one guy to beat is Jon Fitch – he is undefeated in the UFC. I am having the best challenge right now. We’ll see. I go step by step. I don’t want to look past Jon Fitch; I made that mistake once when I fought Matt Serra for the title a year ago. Fitch is a great fighter. After [the fight with Fitch] I’ll see. Maybe B.J. Penn, maybe Thiago Alves – there are a lot of guys. Right now is not good timing for me to move up in weight class because I have a lot of requests and a lot of challenges in my weight class, but if one day the timing is good we’ll see – why not, you know?


:最近ウェイトを変える選手の話を良く聞くんだ。アンデウソン・シウバは205で戦い、BJペンはウェルター級タイトルをかけて戦いたいと言っている。あなたは体重をあげてアンデウソンと戦うつもりはありませんか?という話なんだけど。そうしたいという気持ちは全くない?ウェルター級ではまだチャレンジが残っているかい?
■今、私は倒したくてたまらない相手がいる、ジョン・フィッチだ。彼はまだUFCで無敗だ。現時点で最高のチャレンジだと思っているよ。一歩一歩進んでいかないとね。ジョン・フィッチが目の前にいることは忘れてはいけない。一年前、私はマット・セラと戦ったとき、一度そのミスを犯したんだ。フィッチは素晴らしいファイターだ。その後、私は次を考えるよ。それはBJペンかもしれないし、チアゴ・アウベスなのかもしれない。たくさんの選手がいる。体重をあげるのは今はいいタイミングではないと思っている。なぜなら今私には多くの挑戦状がこの階級で叩きつけられているんだ。だけどもしいつの日かタイミングが良ければ、考えるだろうね。駄目な理由はないだろ?

PDG: An art form in itself in this sport is cutting weight. You seem to be considered one of the bigger welterweights out there. What is the process like for you to get down to 170 by fight time?
Georges: Well, that is just an illusion. People think I’m a huge, huge welterweight – I’m a big welterweight, but I’m not the biggest one. Jon Fitch is bigger. [Josh Koscheck] is bigger than I am. Normally I walk around at 185, 186, 187 – a lot of guys at welterweight walk around near 200-pounds. I think it is because I have a large frame, but I’m not very thick. It makes me look bigger. Cutting weight for me is easy and I don’t have any problem doing it. It is like a walk in the park.


:このスポーツでは減量は切っても切ることができないよね。ウェルター級選手としてはあなたは大きい方の選手だと見られている。試合の時までに、どうやって体重を落としているんだい?
■ああ、それはただの幻想だね。みんな私はとても大きいウェルター級選手だと思っている。確かに私はウェルター級選手では大きい、しかし一番大きいわけではない。ジョン・フィッチの方が大きい。そしてジョシュ・コスチェックも私より大きい。通常私は185〜187を行ったりきたりしているくらいなんだけど、多くのウェルター級選手は200パウンド近くから落としてくるからね。骨格が大きいからそう見えるんだろうけど、そんなに厚みがあるわけじゃない。そのせいで大きく見えるんだろうけど。ウェイトカットは私にとってはイージーな事さ、大した問題はない。公園で散歩するようなもんさ。

PDG: Some of the guys are crazy with how much they can cut. Like you said, Koscheck is a big welterweight and he said he could probably even get to 155 if he wanted to.
Georges: I could probably get down to 155 if I wanted to with a diet and everything, but the thing is I want to be healthy at the end of my career when I retire. I don’t want to have [problems with my kidneys]. Cutting weight is bad for your body. It is not something good. Right now I try and stay healthy and don’t force it too much, and I plan on keeping it that way.


:カットできる体重に関して、何名かはクレイジーなほど落とせるね。あなたが言うとおりコスチェックはウェルター級としても大きいが、もし必要があれば155にだって多分落とせると言っていたよ。
■もし必要であればダイエットだとかで155に落とすことは多分私もやるよ。だけど私は引退する時、キャリアが終わる時に健康でいたいと思っているんだ。腎臓だとかに問題を持っていたくはないんだ。体重を落とすのは身体にはいいことじゃない。今私は健康のままいようとしている、それを無理やり行うことはない。このままキープしていくつもりだよ。

PDG: A big thing now taking place in Nevada right now is extra drug testing – not just at fight time but now to become licensed to fight. What are thoughts on the additional testing?
Georges: For me I think it is a good thing. I don’t mind at all, I don’t take steroids and I’ve never taken drugs so they can change the rules to test people as much as they want – it’s not going to bother me.


:ネバダで今大きなことが起きているね、エクストラ・ドラッグ・テストだ。試合の時だけでなく、ライセンスを取る時までドラッグテストをする。この追加テストをどう思う?
■私としては、それはいいことだと思っているよ。何も心配していない。私はステロイドを摂っていないし、薬物は一度も使ったことがない。だから彼らは好きなだけみんなをテストすればいいと思っている。私を悩ませることは一切ないよ。

PDG: Are you aware of a challenge that [Elite XC’s] Gary Shaw made to Dana White about you fighting Jake Shields on one of their shows on CBS?
Georges: No, I didn’t know that. I’m a professional fighter and if I have to do it, I will do it. If the UFC asks me to do it I will do it, it is up to them.


:ゲーリー・ショウがダナ・ホワイトに彼らのCBSのショーであなたとジェイク・シールズを戦わせろと挑戦してきた事を知ってるかい?
■いや?それは知らないな。私はプロフェッショナルファイターだ。もしそうしなければいけないのなら、そうするよ。もしUFCがそれについて聞いてくれば私は戦う。彼ら次第だね。

PDG: What would you think about fighting on a major television network?
Georges: It would have been a great honor. It would be good for my career – as long as I do well [laughs]. But I would not refuse it.


:メジャーなテレビネットワークで戦うことについてはどう思う?
■光栄なことだと思うよ。私のキャリアとしてはいいことだろうね--うまくできればだけど(笑)。だけどそれを辞退することはないだろうね。

PDG: How do you reflect on your career up to this point?
Georges: I’m happy about my accomplishments, but it is very hard to go up and very easy to go down. I want to keep it up [laughs].


:この時点までのキャリアをあなたはどう考える?
■私の業績に関してはハッピーだと思っているよ。だけどこういうのは上げるのは難しいが下がるのは簡単だからね。上げ続けていたいね(笑)

PDG: To wrap things up are there any sponsors you want to mention or any final words you want to say?
Georges: I want to thank Affliction and I’ll my fans for the support.


:何か最後に、スポンサーやファンにありますか?
■Affictionに感謝します。そして応援してくれているファンに感謝します。

【Strikeforce】ジョシュ・トムソン インタビュー

PunchDrunkGamerより
ジョシュ・トムソン インタビュー
ちょこっと古いインタビューですが…

Josh Thomson: Looking for a Playboy Return
By Dave Carpinello

In a PunchDrunkGamer exclusive, Dave Carpinello had the chance to talk with Strikeforce’s Josh “The Punk” Thomson about his recovery from shoulder surgery, Frank Shamrock vs. Cung Le and what fighters he is looking forward to stepping into the cage with.

PunchDrunkGamerは独占的にStrikeforceのジョシュ・トムソンに話を聞き、肩の手術からの復帰やフランク・シャムロックvsクン・リー戦、そして次に戦おうとしている相手は誰か、について話しました。

PDG: Let's start with your recovery from your shoulder surgery; how is it feeling now?
Josh: Last Wednesday was seven weeks since the procedure and it is doing well. I am a little bit ahead of schedule but I really won't know for sure until I can test it in about another month. I just got cleared to swim, jump rope and lift weights. I am working on the strengthening and conditioning part of the rehab now.


:じゃあまずは肩の手術からの回復具合について教えてくれるかい?今どんな感じ?
■先週の水曜日で手術から7週間たった、いい感じに回復しているよ。ややスケジュールを前倒ししてるが、あと一ヶ月後にしっかり試せる様になるまではどうでもいいんだ。泳いだり縄跳びしたりウェイトリフトするのはできているよ。今リハビリでストレングスとコンディショニングのパートを頑張っているんだ。

PDG: Can you describe exactly what the injury was and what the doctors had to do to repair it?
Josh: I tore the labrum on the back side of my shoulder. Basically the cartilage between the muscle and the bone tore. So the doctors put two anchors through on the back side through the cartilage and into the bone to pull them back together. Since I had been training with the injury I also developed some problems on the front end of the shoulder. So the doctors had to put two more anchors in from the front side of my shoulder.


:怪我は何で、それを治すためにドクターは何をしたのですか?
■肩の横裏にあるラブラムを裂傷してしまったんだ。骨と筋肉の間の軟骨を裂傷したんだよ。それでドクターはそれを引き戻すために二本のアンカーを背中とその軟骨を通して骨に固定した。怪我のままトレーニングをしていて、その後肩の前方まで問題が発生しちゃってね。ドクターはまた新たに二本のアンカーを肩の正面に入れなきゃならなくなった。

PDG: You said it has been seven weeks since the procedure, what is the usual timeframe for a full recovery from this injury?
Josh: The doctors originally told me about three months. They told me it would be at least eight weeks until I could start hitting again. I've been doing a little bit of punching but it has been more like the "Mayweather" workout..........Tap, tap, tap, tap. In the meantime I've been working on a lot of lower body strengthening. Riding the bike, working a lot of kicks and running stairs. About any training I can do to keep my mind off the fact that I can't fight yet.


:その治療以来7週間がたったと言っていましたね。通常その怪我が完全に回復するにはどれくらいかかるのですか?
■ドクターは元々3か月くらいって言ってた。私がまた打撃を始めるのには少なくとも8週間は必要だと言っていたよ。ちょっとパンチをしてみたんだけど、それは「Mayweather」ワークアウトみたいだったよ…タン、タン、タン、タンってね。それでその間は主に下半身の強化に努めた。バイクに乗り、キックのトレーニングをし、階段を上り下りした。どのトレーニングも、私がまだ戦えないという事実を忘れさせる程順調だったよ。

PDG: How many hours daily are you working out now?
Josh: I do about an hour and a half in the morning and then about three hours at night. My morning workout is more about conditioning, you know running sprints and that kind of stuff. In the evening I do my lifting and the revolving stairs. So all in all I put in about five hours each day.


:今一日に何時間くらいトレーニングしているのですか?
■朝に一時間半、その後夜に3時間だ。朝のワークアウトはコンディショニング中心で。通常のスプリントだとかそんなのをね。夜はリフティングと階段の上り下りだ。全部含めて考えると一日5時間くらいだね。

PDG: So fans should expect to see you back in action again this summer?
Josh: Yes, I am scheduled right now to fight again in June. We'll just see how the rehab and training goes. I will be going to Hawaii this week for [Phil] Baroni's fight and so I will be getting some work in at the local gym there. After that I will be home for a couple of weeks and then I am traveling to France to train with some guys there. Hopefully when I get back from there I will be ready to start my fight camp to prepare for June.


:では今夏にはあなたの復帰をファンは見れるのでしょうか?
■その通り。今6月に復帰戦を行うスケジュールを立てているところだ。我々は今まさにリハビリとトレーニングをどう進めるか考えようとしている。バローニの試合に向けて今週はハワイに行くつもりだよ、そこの地元のジムで少しトレーニングをするんだ。その後何週間か地元に帰って、その後フランスにトレーニングのためにフライトする。そこから戻ってきた時、できれば6月の試合に向けたファイトキャンプに入りたいと思っているんだ。

PDG: Do you have an idea of who your opponent is going to be yet?
Josh: Everyone wants to see me fight Gilbert [Melendez] and so we have had talks about that fight. To be honest, he is coming off of his first loss and he probably wants a tune-up fight before the two of us square off. As a friend and fellow fighter I can relate to that because he probably wants to get his head clear before we fight. I want to make sure that I am fighting Gilbert at his best. He is a top five fighter and that is the Gilbert that I want to fight.


:相手が誰がいいとかありますか?
■みんな私がギルバート・メレンデスと戦うのを見たがっている、だからその試合については話しているよ。彼はこの前初めて負けたじゃないか、だから多分オレ達が闘うまでに調整試合をしたいんだと思う。友人、そして同じファイターとして、それはよくわかる。オレ達が闘う前に一度頭をスッキリさせたいだろうからね。私はギルバートがベストの状態で戦いたいんだ。彼はトップ5にいるファイターで、それこそ私が闘いたいギルバートなんだ。

PDG: He is fighting on the March 29th card for Strikeforce; wouldn't that be considered his tune-up fight for a match with you?
Josh: Yes, he is fighting that Brazilian jiu-jitsu coach Cristiano Marcello. Hopefully that will be the tune-up fight and don't get me wrong, it goes both ways because of my shoulder injury. Gilbert also wants to wait until I am at 100% before he fights me. We will both definitely be on that card in June but I don't know yet if we will be fighting each other. I mean, if I feel good and all my training goes really well, then I don't mind fighting him in June. Since both of us are basically local to the San Jose area, I would prefer to fight him here and that the event in June is not in San Jose. I am a San Jose boy and he is from San Francisco, so I think the fight would be better for both of us if it was held in San Jose. Either way the two of us are going to meet in the cage eventually.


:彼は3/29にStrikeforceで戦っています、これはあなたとの調整試合とは言えないでしょうか?
■ああ。彼はブラジリアン柔術のコーチ、クリスチアーノ・マルセロと戦っている。できればあれが調整試合になればいいが、私にも問題がある。私は肩を怪我しているからね、どちらにとっても都合がある。ギルバートも私と戦うまでに私が100%になっていた方がいいだろう。最終的にそのカードが実現するのは6月になるだろうが、本当に戦うことになるかどうかはまだわからない。つまり、もし私がいい感じでトレーニングが全て順調だったら、彼と6月に戦うのは問題ないということだ。基本的に我々はどちらもサンノゼを地元にしている、彼とここで戦えればいいが、6月のイベントはサンノゼじゃないんだ。私はサンノゼボーイで、彼はサンフランシスコ出身だ、だからサンノゼで試合を組めれば二人にとってはとてもいいと思う。まあどちらにせよ我々二人は最終的にケージで向いあうことになるよ。

PDG: If not San Jose, where is the June event going to take place?
Josh: From what I have heard we will be back at the Playboy Mansion. I definitely wouldn't mind headlining that card [laughs].


:もしサンノゼでなければ、6月のイベントはどこで行われるのですか?
■オレが聞いた話ではプレイボーイマンションに戻るってことだよ。そのカードのメインになるのは当然ウェルカムさ(笑

PDG: Yeah, you told me you had a pretty good time at the last event there.
Josh: I had a great time. The only thing is that my fight and Gilbert's fight were the last two on the card that night, so we didn't end up fighting until like 12:45 at night. This time it is supposed to be a day event with the fights starting at three o'clock and the main event somewhere around seven o'clock. The two of us are generally looked at as the guys who like to party and by the time we got done fighting at the last one, we only had about a half hour to slam down some drinks. So a day party/fight in June at the Playboy Mansion is definitely going to be something you don't want to miss.


:ええ、そこで行われたこの前のイベントではあなたはとてもいい感じでしたものね。
■最高だったよ。あの時は最後の二カードが私の試合とギルバートの試合で、結局戦い終わったのが12:45とかだったのが唯一きつかったね。今回は3時に始まる昼間イベントになるらしいから、メインは7時くらいになるんじゃないかな。オレ達は二人ともみんなにパーティ好きと思われてるだろ、最後の試合で戦う時、オレ達はその30分だけグラスを置くだけでいいんだ。6月のプレイボーイマンションでのデイパーティ/試合は絶対見逃せないものになるよ。

PDG: Your good buddy Frank Shamrock is fighting Cung Le in about three weeks. How do you think this fight will go?
Josh: Frank is a mystery to a lot of people, no one thought he was going to come out and stand with Baroni but that is exactly what he did. I think that threw Baroni's game off a little bit. I know Frank pretty well as I used to do some sparring and training with him. I kind of know how his brain operates and I think he will come out and try to stand with Cung. He thinks his boxing is good and so he will try to use that to get into Cung’s face. I'm sure Frank thinks his boxing is that of a pro-level fighter but I can assure you that it is not. Frank is a legend in his own mind and so he will try to impose that on Cung in this fight. He will constantly try to push the pace of the fight while he looks to get a takedown or catch Cung in the clinch. I am sure that Frank thinks he is safer the closer he is to Cung. I also think deep down in his mind he remembers sparring with Cung years ago and so I'm sure he also remembers how many times he was dropped in those sparring sessions. If he goes into the clinch with Cung, that will be a mistake and he will get thrown to the ground. The bottom line is that the fight always starts on the feet and Cung is better than Frank in the standup game. I have to favor Frank for this fight as far as experience is concerned but I am going to have to take Cung to win this fight.


:およそ3週間後、あなたの仲間であるフランク・シャムロックがクン・リーと戦います。この試合どうなるでしょうか?
■フランクは多くの人たちにとって謎の存在だ。誰も彼がバローニとスタンドで戦いにいくとは思っていなかったが、彼はそうしたんだ。バローニはそれで少し怖気づいたんだろうね。私はかつて彼と良くスパーリングやトレーニングをしており、フランクがとてもいい選手であることを知っている。彼の脳がどう動くのかはそれなりにわかっているよ。彼はクンとスタンドで戦いにいくだろう。ボクシングがいいと彼は自身考えているし、クンの顔面に一発入れてやろうとするだろう。フランクが自分のボクシングをプロレベルであると思っているのは間違いないが、それは事実ではないこともオレは断言できる。フランクは自分の心の中ではレジェンドなので、この試合クンを威圧しようとするだろう。クリンチでクンをテイクダウンしたり捕らえたりしている間、彼は終始試合のペースを握ろうとするだろう。間違いなくフランクはクンが近くにいた方がセーフティだと考える。だが私は彼が心の奥底で数年前のクンとのスパーリングを思い出すのではないかと思う、そのスパーリングで何度地べたを這いつくばったかもね、間違いない。もし彼がクンにクリンチに行ったら、それはミスになる、彼はグラウンドに持ち込もうとするだろう。まあ間違いなく言えることは、この試合はスタンドで始まり、クンはフランクにスタンドアップゲームで勝っているということだ。経験に勝るフランクがこの試合勝つと言いたいが、クンがこの試合勝利するだろうね。

PDG: Some people have said that maybe Cung may have bitten off more than he can chew by taking this fight so early in his MMA career.
Josh: Those people are wrong and they should stop sitting around talking about what opponents he has beaten and who he should fight. He has fought UFC veteran's, I just don't understand what the hell these people are talking about. Sam Morgan knocked out Duane Ludwig, fought in the UFC and was on that reality show. Tony Frykland has also fought in the UFC. He may have only had four or five fights so far in MMA but the competition level has been very high. If the guy goes out there against Frank in goes the full five rounds and still loses. Give the guy some fucking credit............obviously he is still in the transition a little bit, learning the ground game and working on submissions. He is an athlete with a God-given talent for fighting. When he used to spar with Frank back in the day, a lot of people will remember that he used to throw Frank around like a rag doll, like his little sister. It was almost a joke how bad he worked Frank over back then. I am sure Frank remembers that. Cung is a good wrestler, has great throws and he kicks like a mule. The longer the fight goes the more pressure that will be on Frank to score points.


:もしかしたらクンは彼のMMAキャリアの初期において、自分の能力以上の事をしてしまったのではないかという人がいます。
■それは間違っているね、そういった奴らは彼がどんな相手を倒してきたか、誰と戦ってきたかについてちゃんと考えるべきだ。彼はUFCのベテラン達と戦ってきた、何でそんなことを言う人がいるのか全く理解できないね。デュエイン・ラドウィッグをノックアウトしたサム・モーガンはUFCで戦い、リアリティショーにもでた。トニー・フリンクランドもUFCで戦っていた。彼はMMAでは今のところ4,5戦しか戦っていないが、試合のレベルはとても高い。彼がフランクと戦って、フルに5ラウンド戦ったら、負けとなるだろう。彼には酷い評判がつけられる…彼は間違いなくまだ成長中の選手だ、グラウンドを学び、サブミッションをトレーニングしている。彼は神から戦いの才能を授かったアスリートだよ。彼はずっと昔にフランクとスパーリングし、フランクが縫いぐるみの様に振り回されていたのを多くの人が覚えている、妹をいじめてるみたいだったね。あの時フランクがどれだけこっぴどくやられたかは、冗談にもならない程だ。間違いなくフランクはその事を思い出す。クンはレスリングもいい、パンチも素晴らしいし、ラバの様なキックもある。試合が長引けば長引くほどフランクにはポイント稼ぎのプレッシャーがかかってくるだろうね。

PDG: Other than that fight, what upcoming matches are you looking forward to seeing and what other fighters would you like to step in the cage with?
Josh: [Jorge] Mazvidal for sure, I'm a big fan of his and I like watching him fight. Everyone knows that our paths are going to cross someday soon. Ryan Healy is also a guy that I like to watch fight and I also anticipate fighting him somewhere down the road. I'm a big fan of all these guys at 155 pounds and I enjoy watching all of them fight. Without a doubt, Mazvidal is a great fighter but even he knows I am going to kick his ass. Same thing with Healy. Gilbert and myself are at the top of the food chain in Strikeforce and when those guys come over to fight us they are going to find that out. The same thing goes for Gilbert, when we fight I am going to beat him. I have that mentality now and I know where my game is at now. I don't see anywhere that Gilbert can beat me. These are the three guys in Strikeforce and Bodog that I am looking forward to fighting. I respect all three of them a lot but I should not lose any one of these fights. They are coming here to fight me and I will be ready. I want to fight the best guys regardless of where they are from, whether it be the UFC, from Japan, I don't care where they come from.


:あの試合以外、どの試合に注目していますか?ケージで戦ってみたい選手はいますか?
■当然ジョージ・マズビダルだね。私は彼の大ファンで、彼の試合を見るのが大好きなんだよ。我々の道はいつかクロスするとみんなが思っている。Ryan Healyの試合も大好きだ、彼ともそのうちいつか戦うことになるだろう。155パウンドの選手はみんな大ファンだよ、彼らの試合はいつも楽しんで見ているマスビダルは。間違いなく素晴らしいファイターだが、彼だって、私が彼をぶちのめすってわかってるだろう。Healyも同じだ。ギルバートと私はストライクフォースの食物連鎖の最上位にいる、彼らが我々と戦いに来るとき、それを思い知るだろうね。ギルバートも同じさ、私は彼を倒す。今はそう考えている、私のゲームはそこまで来ているんだ。ギルバートが私を倒すのなんて想像できないよ。ストライクフォースとBodogで戦いたいと思ったのがこの3人さ。私は彼らをみんな大いにリスペクトしているが、誰にも負けないだろう。いつだってOKだ、準備するよ。どこの選手かなんてかまわない、強い選手と戦いたいんだ。UFCだって日本だっていいよ。彼らがどこの選手かなんて気にしない。

PDG: If you didn't have that mentality than you probably wouldn't be a fighter for very long.
Josh: You know what though?, there are a lot of guys out there that don't want to fight the best. They are just looking for a paycheck regardless of who the opponent is. Don't get me wrong I am definitely fighting to get paid but my love for the sport has always been there. My first few fights, I fought for absolutely nothing, zero money. After that my next couple of fights only paid me $150 each. I was fighting bigger guys with more experience and making next to nothing. I may be making a lot more money nowadays but the passion to fight the best fighters out there still hasn't changed.


:あなたがそう考える人でなかったら、あなたは多分ファイターである期間は短かったのでしょう。
■わかるかい?ベストの選手と戦いたがらない選手が多くいる。彼は相手が誰かは関係なく、お金が欲しいだけなんだ。確かに私はお金のために戦っている、しかし間違わないで欲しい、私はいつでもこのスポーツを愛している。私の最初の何試合かは、全くファイトマネーなんて貰わずに戦った。その後の数試合は150ドルずつさ。より大きな相手と戦い、経験値を積んだ、それ以外は何もなかった。今私はもっとお金を稼げるだろう、しかしベストの選手と戦いたいという情熱は未だに変わることはないよ。

PDG: Now that you have been with Strikeforce for awhile; how would you say your experience has been working for them?
Josh: Working for the UFC you can be a superstar, working for Strikeforce you get paid very well and you get to fight a lot of top competition that some MMA fans have not heard of yet. As long as Strikeforce and Scott Coker continue to bring in top fighters in my weight class, I will have no reason to look elsewhere. I want to fight the top guys and right now they are bringing them to Strikeforce. It is a great organization and I don't have any complaints.


:ここのところストライクフォースで戦っています。ここはどうですか?
■UFCで戦っていれば、スーパースターになれる、ストライクフォースで戦っていれば、多くのお金を得ることができ、MMAファンがまだ聞いた事もないようなトップレベルの相手と戦うことになる。ストライクフォースが続けば、Scott Cokerはこの階級でトップファイターになることだろう。他のところへ行く理由は無いよ。私はトップの選手と戦いたい、そしてストライクフォースはそういう選手を連れてくる。素晴らしい団体だ、文句のつけようがないよ。

PDG: I appreciate your time Josh, is there anything else that you would like to add?
Josh: You always have to thank the fans and the sponsors; Tapout, Knoxx, AKA, of course and Dave Camarillo. His jui-jitsui programs keep me going, Javier Mendez and “Crazy” Bob Cook and I have to thank you for the great interviews.


:ありがとう、ジョシュ、何か最後にありますか?
■ファンとスポンサーに感謝したい、Tapout、Knoxx、AKA、そしてDave Camarilloに。彼の柔術プログラムのお陰で随分成長しているよ。Javier MenezとCrazy Bob Cookにもね、あと今回素晴らしいインタビューをしてくれた君にも感謝するよ。

【格闘技】エルメス・フランカ インタビュー

PunchDrunkGamerより
エルメス・フランカ インタビュー。
7月復帰ですか。ここは一つ戦極あたりどうでしょう。本人的にはK-1がお好きな様ですが。

Exclusive: Hermes Franca
By Dave Carpinello

PunchDrunkGamer’s Dave Carpinello spoke with UFC veteran Hermes Franca about his suspension for steroids, his fight camps in Florida and what lies ahead in the future.

PunchDrunkGamerのDave CarpinelloはUFCのベテラン、エルメス・フランカとステロイドによるサスペンション、フロリダのキャンプ、そして今後への展望について話しました。

PDG: Since your loss to Sean Sherk @ UFC 73, what have you been doing?
Hermes: I have been teaching and traveling a lot, doing training seminars. I have a lot of amateur fighters that are training hard to get ready for their upcoming fights. I have also been trying to rest my body because I had fought like eight fights in one year's time before my fight with Sean.


:UFC73でのショーン・シャークへの敗北から、どうしていました?
■セミナーをしていたよ、随分とセミナー旅行に行ったもんさ。試合を控えて厳しいトレーニングをしているアマチュア選手が私にはたくさんいるからね。身体も休めたよ、ショーンとの試合まで、一年間で8試合もしていたからね。

PDG: When does your suspension end?
Hermes: July 5th.


:サスペンションはいつ終わるのでしょうか?
■7/5だよ。

PDG: Is there anything you would like to tell your fans about your suspension?
Hermes: I made a mistake.........I was fighting too much and I was addicted to fighting. The effect that had on my body caused me to make that mistake. I definitely know who my real friends are now. I have received a lot of support and I want to thank those fans. Everyone make mistakes and when my suspension is up in going to fight again.


:ファンにあなたのサスペンションについて何か言いたいことは?
■私は間違いを犯してしまった…私は連戦に連戦を重ね過ぎた、戦いの中毒だったんだな。その影響が身体に出てしまい、私は間違いを犯してしまったんだ。今誰が私の本当の友人なのかはっきりわかったよ。私はたくさんのサポートを受け、これらのファンに私は本当に感謝している。誰でも間違いを犯す、サスペンションが明け、私はまた戦うよ。

PDG: Are you going to be able to go back to the UFC?
Hermes: I don't know, all of those details are being handled by my management. My job is to fight and train hard and their job is to set up the fights.


:UFCに戻るつもりですか?
■わからない。マネジメントに全て任せているよ。私の仕事はハードにトレーニングをして戦うことさ、彼らは私の試合をセットアップするのが仕事だ。

PDG: You won eight fights in a row before your loss to Sherk; you took your longest break which was only six months before that fight.
Hermes: It was good and it was bad to take that time off. I think I was too confident because I fought against Jamie Varner who is now the WEC champ, I fought against Ryan Schultz who is now the IFL champ. I fought against and beat a lot of tough guys but I don't want to take anything away from Sean. Now I'm thinking about the long term of my career and I would like to have two to three fights per year. That way I can fight forever and having this time off has shown me that Hermes the businessman can make money without fighting.


:シャークに負けるまであなたは8連勝中でした。その試合の前まで、あなたは休息として最大でもたったの6か月しかとったことがありません。
■そういう休息をとるのはある面で良く、ある面では悪い。私は今WECチャンプのジャーミー・ヴァーナーと戦い、IFLチャンプのライアン・シュルツとも戦い、自信過剰になっていた様に思う。たくさんのタフガイと戦った、しかしショーンを何ら侮辱するつもりはない。今私は自分のキャリアを長い目で見ており、1年で2,3試合を戦うようにしたいと思っているんだ。そうすれば私はずっと戦うことができる。今回の休みは私にエルメスは戦わなくてもビジネスマンでやっていけることを気づかせてくれたよ。

PDG: You left the Armory, what fight camp are you with now?
Hermes: Yes, I left the armory in October of last year but I still help out at all of the academies that I have trained at. I have helped with the American Top Team here in Florida also, but now I want to work for myself and concentrate on building up my name. Team Hermes Franca is the name of my new team. Premier Martial Arts has several academies that I'm affiliated with like Palm Beach Boxing Club. I am also looking at being affiliated with two more academies before the end of the year.


:あなたはArmoryを離脱しました、今どこのキャンプにいるのですか?
■そのとおり、私はArmoryを昨年の10月に離脱した、しかし私がトレーニングしてきたそのアカデミーからまだ全面的に援助を受けている。ここフロリダではATTの助けも受けている。しかし今は自分自身のトレーニングと、自分の名前を積み上げることに集中したいんだ。チーム・エルメス・フランカ、それが私の新しいチームの名前だよ。Palm Beach Boxing Clubの様に私と提携しているアカデミーがいくつもPremier Martial Artsにある。私は今年末までにあと二つのアカデミーと提携したいんだ。

PDG: What fighters have you been working with?
Hermes: Primarily, I have been training a lot of my amateur fighters. Also, I have been working with Rich Crunkilton down in Daytona Beach. A lot of guys that are both professional and amateur.


:誰がそこで一緒にトレーニングしているのですか?
■主に多くは私のところアマチュア選手だよ。Daytona Beachに行ってRich Crunkiltonとトレーニングもしている。プロとアマチュアと多くの選手がそこにいるよ。

PDG: Are you training personally or just helping other fighters?
Hermes: I have been very busy so I have just been training for fun, since right now I don't have any fights coming up. I still really like to do grappling and boxing training with my students. When my suspension is over and I get a fight signed, then I will take a couple of weeks off and go to a camp and train hard.


:一人でトレーニングしているのでしょうか?それとも他のファイターに手助けを受けている?
■ずっと忙しくてね、ただ好きでトレーニングしているだけまmmだ。今のところ、予定されている試合は無い。私は生徒とグラップリングとボクシングのトレーニングをするのがとても好きでね。サスペンションが終わり、契約にサインした時、私は数週間の休みをとり、キャンプに出向き厳しいトレーニングをするよ。

PDG: Your fight with Sean was a close decision; would you like a rematch?
Hermes: I don't want to challenge anyone but of course I would fight him again. In my opinion, that fight should have been ruled a no contest. So like I said, I'm not challenging anyone but I would definitely welcome a rematch.


:ショーンとの試合は僅差の判定でした。再戦はしたいですか?
■誰に挑戦するつもりもないが、勿論彼とはまた戦いたいよ。私の意見では、あの試合はノーコンテストと裁定されるべきだと思うんだ。ああ、誰に挑戦するつもりもないよ、だけど再戦は当然ウェルカムさ。

PDG: Okay, so not challenging anyone.......who out there would you like to fight because you think that it would be a great fight for the fans?
Hermes: When I come back, I want to fight the best and right now BJ Penn is the best. We are great friends and good partners but right now he is number one and he has the belt. So if I had a the chance to fight him, I would take the fight. No offense to BJ, like I said he is a really good friend but he has the belt.


:わかりました、誰にも挑戦しないと…ではファンにとって素晴らしい試合になると思う、だからこそ戦いたい、という選手は他にいますか?
■復帰した時、私はベストと呼ばれる選手と戦いたい、それは今BJペンだね。我々は素晴らしい友人でありいいパートナーだが、今彼はNo1でありベルトを持っている。だからもし彼と戦うチャンスがあれば、私は戦いたいね。BJが憎いわけじゃないよ、言ったとおり彼とはいい友人だ。だが彼はベルトを持っている。

PDG: What do you think about all of the TV deals that the other organizations besides the UFC are signing?
Hermes: That is really good and it creates opportunity for everybody. The UFC is still at the top but the other organizations are really good. I remember when I started fighting there was only one or two organizations. Now there are like 12 different ones.


:UFC以外の団体もTV契約を取ってきています、それについてどう思いますか?
■素晴らしい事だね。みんなにとってのチャンスになる。UFCは未だにトッププロモーションだが、他の団体もとても良い。思い出すよ、私が戦い始めた時、まだ2つか3つしか団体はなかった。今は12種類もの団体があるんだ。

PDG: It seems like a new one pops up almost every week
Hermes: [laughs] It sure does but like I said the UFC is still the pioneer of the sport and at the top of the list. But it is really good for the sport to have so much competition. The more shows the better for the fans and the fighters.


:毎週一つ新しい団体ができているようですものね。
■笑)本当だね、だけど言うように、UFCは未だこのスポーツのパイオニアであり、トッププロモーションだ。しかし競争が増えることはこのスポーツにとってとてもいい事だよ。ファンやファイターにとってより良いものがより増えるんだ。

PDG: You fought in many different organizations, which one did you have the most fun fighting in?
Hermes: K-1 paid me very well and they were very nice and very cool. They took care of everything. Every organization that I have fought for have been very accommodating and friendly. Of course some of the smaller organizations didn't have the money for five-star hotels and limousines but they still take care of you the best that they could.


:多くの異なった団体であなたは戦ってきました、どこで戦うのが最も楽しめましたか?
■K-1はとてもいいお金を私に払ってくれた、彼らはとてもナイスでクールだね。すべての事について面倒を見てくれたよ。私が闘ってきたすべての団体はとても親切でフレンドリーだったよ。勿論いくつかの小さな団体は5つ星ホテルやリムジンに及ばない金額だったが、彼らは彼らができる最大のもてなしをしてくれた。

PDG: Speaking of K-1, they have a big event tonight. K-1 World Max Final 16 from Hiroshima.
Hermes: They have really good fighters over there, in fact I think they have the best fighters in the world in K-1.


:K-1について話して下さい?彼らは本日広島でK-1World Max Finalを行います。
■彼らは向こうでいいファイターを揃えているね。実際K-1では世界トップの選手達が揃っていると思うよ。

PDG: Buakaw Por. Pramuk is fighting Albert Kraus.
Hermes: Buakaw is the man. He is really good and I would love to go to Thailand and train with him. Albert is another great fighter, really good. Like I said everybody over there is really good. The best of the best kickboxers from all over the world are there.


:プアカーオがアルバート・クラウスと戦います。
■プアカーオは男だね。彼は素晴らしい。私は彼と一緒にタイに行き電車に乗って旅をしたいよ。アルバートも素晴らしいファイターだ、本当にいい。さっきも言ったけど、みんな素晴らしい選手だ。世界中のキックボクサーのベストオブベストがそこにいる。

PDG: Thanks for taking the time, is there anything else that you would like to add?
Hermes: Thanks a lot and I want to thank Premier Martial Arts and all of the fans of mine that have stood by me and continue to support me. I love all you. Thank you very much.


:時間をとってくれてありがとう、何か最後にありますか?
■本当にありがとう、Premier Martial Artsに感謝をしたい、それに私を支えてくれて応援し続けてくれる全ての私のファンにね。君たち全員を愛しているよ!本当にありがとう!


【UFC】マーティン・カンプマン インタビュー

ADCCより
おお、カンプマン復帰ですか。
ホルヘ・リベラに勝ったら岡見にぶつけられる予感。

Quick Q&A w/ Martin Kampmann
Submitted by:Arias Garcia Jr.
Posted on : 4/9/2008

On June 16th, 2007, Martin Kampmann was slated to fight Rich Franklin at UFC 72 in Ireland. However, Kampmann suffered a devastating left knee injury while training for the fight and he had to withdraw from the bout. Yushin Okami stepped in his place and lost a decision to Franklin. That propelled Franklin for a rematch with UFC Middleweight Champion Anderson Silva, you know what happened next. That title shot could have been Kampmann’s. So with a year removed from his injury, Kampmann will return to action on June 7th to take on Jorge Rivera at UFC 85 in London, England. Will Kampmann be able to fight at the level he was before his injury? Here is what he told ADCC News in this quick Q&A.

2007/6/16、マーティン・カンプマンはアイルランドで行われるUFC72で戦う予定でした。しかしカンプマンはトレーニング中に左膝を怪我し、この試合を諦めざるをえませんでした。岡見が代役としてその試合を戦い、フランクリンに判定で敗れています。その結果、フランクリンはUFCミドル級チャンピオン アンデウソン・シウバとの再戦に駒を進めました、その後どうなったか、それは知っているでしょう。タイトルの挑戦権はカンプマンに与えられたかもしれません。膝の怪我による一年のブランクを乗り越え、カンプマンは6/7、ロンドンで行われるUFC85でホルヘ・リベラと戦います。怪我する前の状態にまでカンプマンは復帰しているのでしょうか?

ADCC: Martin it’s been over a year since you competed in the Octagon. Besides rehabbing the knee, what you been doing to keep yourself busy? MARTIN: Well that's it. Rehabbing the knee is what I've spent most of my time with. But now I'm back in training though, working with all the guys at Xtreme Couture. It's good to be back in training again. I've missed it!

:マーティン、オクタゴンで君が闘っていた頃から一年がたったね。膝のリハビリ以外に、今どうしているんだい?
■ああ、そうだね。膝のリハビリは今一番時間をかけていることだよ。だけどトレーニングにももう戻ったんだ、エクストリーム・クートゥアの選手たちとトレーニングしているよ。トレーニングへの復帰はいい感じだね、体がうずうずしてしょうがなかったんだ!

ADCC: Speaking of the knee, how does it feel right now?
MARTIN: It's feeling much better! I'm back at kicking people in the face again (laughs).


:膝の調子は今どうなんでしょう?
■ずいぶんと良くなったよ。またみんなの顔をキックできるようになった(笑

ADCC: Before your injury, you won eight straight including three in the UFC and gaining momentum for a title shot. Now people are looking for a challenger for Anderson Silva’s UFC Middleweight Title. Could you be that guy after a few fights down the road?
MARTIN: We'll see. I take one fight at a time but I would love to get a title shot somewhere down the road. Anderson is a tough guy and he's the champ for a reason, he's a bad ass.


:怪我をするまであなたはUFCでの3連勝を含む8連勝中で、王座戦も視野に入れていました。今みんなアンデウソン・シウバが持つUFCミドル級のベルトの挑戦者を探しています。何試合かこなし、あなたがそこに名乗りを上げてはどうでしょう?
■そのつもりだよ。一度には一試合しかできないが、今後どこかでタイトル戦をできればいいと望んでいる。アンデウソンはタフな選手で、彼はなるべくしてチャンピオンになっている。とんでもない奴だね。

ADCC: What is your opinion on what Silva has done to your division?
MARTIN: Like I said, he's a bad ass. He has basically wiped out all the top contenders, stopped every single one he fought. That's impressive.


:シウバがあなたの階級でしてきたことについてどう思いますか?
■言ったろ、とんでもない奴だって。基本的にトップコンテンダーは全て潰してきた。彼と戦った選手は皆各個撃破されてきた。凄いよ、本当に。

ADCC: Your return to the Octagon will come on June 7th, 2008 at the 02 Arena in London, England against Jorge Rivera. How excited are you to get back into the Octagon to face a veteran like Rivera?
MARTIN: I'm very excited about being fighting again. Jorge is a real tough dude. I think a lot of people underestimate him, but he's a seasoned vet. He's a tough fight back for me, so it should be exciting for all the fans too. I can't wait!


:オクタゴンへの復帰はロンドンで6/7になります。相手はホルヘ・リベラですね。リベラの様なベテラン選手と復帰戦を戦うのはどうでしょうか?
■また彼と戦えるのは最高さ。ホルヘは本当にタフな選手だ。多くの人が彼を過小評価していると思うが、彼は年季の入ったベテランだ。厳しい復帰戦になるだろうね、だからこそファンもみんな楽しみにできると思うよ。待ち遠しいね!

ADCC: With the year lay off, do you think you will have any ring rust and do you have any worries that your knee injury could possibly happen again?
MARTIN: There's probably always gonna be a little concern in the back of my head, but once the fight is on, then it's fight time and I don't have time to worry about that. I don't ever wanna have to go through an injury like that again. No more injuries for me, I've had my share, thank you (laughs).


:一年試合から遠ざかり、実戦感覚が狂っていたりしませんか?また膝が壊れたらどうしようとかの心配もあるのではないですか?
■頭の片隅には多分残っているだろうね、だけど一度試合が始まれば、そんなのを心配するどころじゃないよ。もう二度とあんな怪我はこりごりさ。怪我はもうしたくないよ、もう充分味わったからね、ありがとう(笑

ADCC: If everything goes right, what happens on June 7th after the bell rings?
MARTIN: Then I'll be kicking Jorge's ass. Submission or knock out, I wanna stop the fight. Jorge comes out strong too, so I don't see this fight going the distance.


:すべてが順調にいけば、試合が始まった時どうなるでしょうか?
■ホルヘをボコボコにするよ。サブミッションかノックアウトでね。判定にはしたくない。ホルヘもガンガン前へでてくる、判定になることはないだろうね。

ADCC: Thanks for your time Martin and we wish you well in your return to the Octagon. Do you have anything to say to your fans or sponsors?
MARTIN: Thanks to all the fans supporting me still when I was injured. I can't wait to get back, look out it's gonna be a great fight!


:ありがとうございます。オクタゴンの復帰がいい結果になることを祈っています。何かファンかスポンサーにありますか?
■怪我の間ずっと私を応援してくれていたファンに感謝するよ。復帰が待ちきれない、素晴らしい試合になるから見ててくれ!

【格闘技】リグス、手術する

MMAWeeklyより
リグス大丈夫か??
まああまり重症ではなさそうだけど…
これだけ試合でている選手だと身体ボロボロなんだろうなあ…

- JOE RIGGS TO UNDERGO PROCEDURE FOR BACK
Tuesday, February 26, 2008 - by Tom Hamlin - MMAWeekly.com

This Thursday, Joe “Diesel” Riggs will undergo surgery to repair spinal damage sustained in his fight with Cory Devela at “Strikeforce at the Dome” last Saturday.
Riggs injured his back in the first minute of the fight. Devela threw a kick, which Riggs tried to catch and use for a takedown. Instantly, he knew something was wrong.
“I felt fire shoot down my right leg,” Riggs told MMAWeekly.com.
Still, he tried to fight, throwing knees as the two clinched against the cage. Instinctively he drove forward for a takedown, his legs going numb, and walked into a hip toss that Devela executed perfectly.
When he hit the ground, it was no longer a question as to whether he could continue.
“I was like, I’m done. I’m done; I can’t do anything,” Riggs said. “I thought I was paralyzed.”


今週の木曜日、土曜に行われたStirkeforceでCory Develaとの試合で負った脊椎損傷のダメージを直すための手術を受けます。
リグスは試合開始一分で怪我をしました。Develaの蹴り足をリグスが捕まえテイクダウンしようとしました。すぐに彼はどこかおかしくなった事に気付きました。
「私の右足が燃え上がった様な感じだったんだ」リグスはそう言います。
しかし彼は戦おうとし、ケージを背にティーカオを出します。本能的に彼はテイクダウンを狙いに行きました。彼の脚はしびれており、デベラが完璧に放ったヒップトスにはまり込みました。
彼がグラウンドに叩きつけられた時、彼が続けることができたかどうかは明白でした。
「こんな感じだよ、畜生やられた、何もできねえ」リグスは言います「麻痺しちまったと思っていた」

Doctors will use a procedure called Radiofrequency Denervation to heat the inside of his spinal discs, which will relieve pressure on his sciatic nerve that was aggravated by two previous back injuries.
Last April, Riggs had undergone surgery to repair a herniated disc between his L-4 and L-5 vertebrae. Then, four months ago, he broke a transverse process, a bone that protrudes from the vertebra and attaches to muscles and ligaments.
When Riggs cranked his back for the takedown, his sciatic nerve pinched against his transverse process and the afflicted vertebrae.
As a fighter with a strong sense of pride, the experience has deeply unsettled Riggs. He feels credit is being given where it isn’t due, and regrets taking the fight. When he arrived in Washington, his back was already acting up.
“I’m pulling my hair out over this thing, it’s embarrassing,” Riggs said. “I’m not trying to disrespect the guy, but he had no business beating a guy like me.”


Radiofrequency Denervationと呼ばれるやり方でドクターは脊椎円板の内部を温めました。彼の坐骨神経の圧を弱めるためです。この部位は過去二度にわたり痛めた場所でした。
昨年の4月、リグスはL-4とL-5の脊椎の間の椎間板ヘルニアを治すための手術をしています。その後4か月前に彼は横の突起と脊椎から突き出た骨を骨折し、筋肉と靭帯を付着させました。
リグスがテイクダウンを奪おうと彼の背中を曲げたとき、彼の坐骨神経は横の突起で傷つき、脊椎を痛めました。強い自尊心を持ったファイターとして、この経験はリグスを不安にさせました。彼は危険な個所を信用しており、戦いに赴いたことを後悔しています。彼がワシントンに着いたとき、彼の背中はすでにうまく機能していませんでした。
「コン畜生だよ。どうしたらいいんだ」リグスは言います「彼を軽視するつもりはないが、彼はオレを倒すようなことは何もしてないぜ。」


On the bright side, the procedure has a short recovery period. Doctors have told Riggs he can get back into the gym a week after the process. Just to be safe, he’s taking two.
He also has an immediate rematch clause in his contract, so more than anything, he’s looking forward to proving Devela’s win was a fluke.
“I vow my career on it; it will be a total, complete ass whooping,” Riggs said.


いい面としては、この手術は短い期間で済むということです。ドクターはリグスに彼は手術後一週間後にジムに戻れると言いました。安全を期して彼は二週間そこにいます。
彼は契約上すぐさまの再戦に関する条項を持っています。何にも増してDevelaの勝利はまぐれだったことを証明したいと思っています。
「キャリアにかけて誓うよ、総合的に完璧にブチノメシテやる」リグスはそう言います。

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
selected entries
recent comment
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links